かなり楽しく歌います

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最初に 「歌ってみた」 人は 誰かと 考えてみたところ、
やはり この人以外に ありえない、ということで、
"元祖 歌ってみた" ヴォーカリーズの祖 であり、ジャズボーカルの大大大先輩が この方、

Jon Hendricks(ジョン・ヘンドリックス) 1921年 オハイオ州 生まれ

御歳、88歳!

私が この方のことを 語るなんて 5000万年 早いわ! こわっぱ! という感じなのですが、
ちょいと ご紹介させていただきますと、声が楽器=ヴォーカリスト という概念を 生み出した方で、
以前にご紹介した ジャスボーカルの アル・ジャロウ氏曰く「彼が 史上で 最も素晴らしい
ジャズシンガーであり 芸術家であり 楽器である」とのこと。

恐らく、この方がいなければ、エディーも、ボビーも、マンハッタントランスファーも
いなかったであろう(いや、まぁ あるポイントで こういう方は 出現していたのでしょうが・・・)
とりあえず、それくらい 偉大な方です。

彼の ジャズボーカル そして 作詞者としてのキャリアは、デイブ・ランバート、
アニー・ロスと組んだ ヴォーカルトリオ 「Lambert, Hendricks & Ross」 から はじまります。

※ 10代の頃から、米軍バンドで アート・テイタムらと演奏活動をなさってましたが、
  メジャーになられたのは、1957年から組んだ このトリオの活動がきっかけでした。

まずは、スキャットに 圧倒される "Everybody's Boppin'" を どうぞー。

Lambert, Hendricks & Ross / Everybody's Boppin' (1959)】



い、犬が鳴いてる!?


続いては、カウントベイシー楽団のスウィングジャズの傑作
"Shiny Stockings" を とても楽しく歌われてます。

Jon Hendricks / Shiny Stockings




続いては、ハービー・ハンコックの大ヒット作 "Watermelon Man" を どうぞー。

Jon Hendricks / Watermelon Man




その ハービー・ハンコックが 紹介してます。
最初に作られた ボサ・ノバ曲で、「ここから 全てが はじまった」曲。

「幸せを探して 世界中を旅したけれど、結局 自分の幸せは 故郷にあった。
 うん、やっぱり ここに落ち着いて、家を建てて 家庭を持とう。
 もう 寂しい・悲しいと ため息をついたり 泣く事もないだろう。
 何も無くたって 幸せだと思えるさ。」

Jon Hendricks / Chega de Saudade(No More Blues)



田端 義夫じゃないよー。


さて、この映像は 大変 貴重ですぞー。
メル・トーメと ジョン・ヘンドリックスの共演、まぁ、例えるなら 元祖と本家のバトルみたいな
華麗な スキャットが お聴きいただけます。

Mel Torme and Jon Hendricks / Down For Double



だから、高木ブーじゃないと 何回 言えば・・・ いや、こちらの話です。


この曲が これまた 格好良いんだな~。
1975年にリリースされた 'Tell Me The Truth' では、
比較的 ファンキーなナンバーが 収録されております。

Jon Hendricks / I'll Bet You Thought I'd Never Find You




そして、ボビー・マクファーリン、アル・ジャロウ、ジョージ・ベンソンが参加の
帝王 マイルス・デイビスのナンバー "Freddie Freeloader"。

全員 よく歌うぞー、猛烈に 歌うぞー。凄すぎるぞー。

Jon Hendricks & Friends / Freddie Freeloader



でも、まぁ、ここまでくると 一リスナーとしては 「もう 好きにしてくれていいよ」的な気分に
なってしまったり しなくもないかなぁ・・・。おなかいっぱい というか・・・、ねぇ?


本日の締めは マンハッタントランスファーと ジョン・ヘンドリックスの共演動画。
メンバー全員が 彼を 尊敬なさっておられるのが、よくわかります。

Jon Hendricks & The Manhattan Transfer / Airegin (1991)】




これくらい自由に歌えるようになったら、もっともっと 楽しくて 仕方ないんだろうな~ と、
思いつつも、そうそう 簡単に出来っこないので、ちょっと 辛くもあるかな と。

でも、それを含めて 歌うのって 楽しいよー!



本日のおまけ動画

ディジー・ガレスピー と ジョン・ヘンドリックスの 共演。

Dizzy Gillespie & Jon Hendricks



「何 やってんだぁ~?」という表情が かなり いけてます。



◆ ランキング参加中 ◆

FC2 Blog Ranking
ブログセンター ランキング
にほんブログ村 ランキング
Blogram Ranking

ブログ更新の励みになりますので、応援のクリックを 何卒 よろしくお願いします!
スポンサーサイト
テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽
雨の日も 素敵に過ごせる、雨の日に 聴きたいジャズ といえば もちろん この方、

Sue Raney(スー・レイニー) 1940年 カンサス州生まれ

1958年、若干 17歳にして アルバム 'When Your Lover Has Gone' で 鮮烈なデビューを飾り、
その後 1960年の2枚目のアルバム 'Songs for a Raney Day' が 大ヒット。

その甘く切ない歌声は 未だに 人々を惹きつけて離さない 素晴らしい ボーカリストです。

まずは 大ヒット作であり、女性ジャズボーカルの名盤に 必ず 選ばれる
1960年の 雨の歌を多く集めた 'Songs for a Raney Day'(邦題;雨の日のジャズ) より、
"September In The Rain"(邦題;9月の雨)を どうぞー。

Sue Raney / September In The Rain (1960)】



「雨音が あなたが囁いてくれた 愛の言葉みたいに 繰り返されて、
 春になったけれど、私の心は まだ あなたと過ごした 9月の雨の中にあるのよ。」

どんより曇った 雨空を見上げながら、好きだった人のことを思い出している感じが、
ジャケットとも ぴったりで、切ない気持ちになりますね。


もう一曲 雨の歌を。
1964年に リリースされた、アルバム 'All By Myself' から、
"Here's That Rainy Day" を どうぞー。

Sue Raney / Here's That Rainy Day (1964)】



一つだけ 難癖をつけさせていただくと、バックの音が 少々 うるさく
とても 気になる箇所があります。ペット隊、ミュート 効かせまくって欲しかった・・・。


1958年のデビューアルバムの中では、断然 "My Ideal" が 素晴らしいのですが、
そのアルバムからは、17歳らしい 若々しさ、初々しさ、瑞々しさ が 感じられる
"If I Could Be With You One Hour Tonight" を どうぞー。

Sue Raney / If I Could Be With You One Hour Tonight (1958) 】




飛ばそうかとも思いましたが、1964年のアルバム 'All By Myself' で
私が 一番好きな曲、"Don't Let The Sun Catch You Crying" も どうぞー。
"I'm Gonna Laugh You Right Out of My Life" も 続きます。

Sue Raney / Don't Let The Sun Catch You Crying (1964)】



24歳の時で、この色気ですからね・・・。たまりませんね・・・。


1965年のアルバム 'Happiness is a Warm Sue Raney' は、
どれをとっても なかなか スーレイニーらしい、けだるい スウィングを 聴かせてくれます。
その中からは、若干 明るめの ボサノバ "Beautiful Friendship" を どうぞー。

Sue Raney / Beautiful Friendship (1965)】



このあたりから、彼女の低迷が はじまるのですが・・・。


このモダンな ジャケット!
1967年のものとは とても 思えないんですが・・・。
ちょいと 失速中のアルバム 'New & Now' からは、"Holiday for Strings" を。

Sue Raney / Holiday for Strings (1967)】



失速中なんで、いまいちなのは 勘弁してください。

スー・レイニーは もともと それほど 「メジャーな歌手」という訳ではないので、
失速していようが していまいが、余り デーハーな活動は なさっていないのですが、
1970年のアルバム 'Breathless!' は、復活! という感じの仕上がりです。

寄せ集めでもあるので、統一性はありませんが、
彼女の良さを凝縮した、素晴らしいスウィングを 聴かせてくれていますので、
ご興味が沸いた方は 是非 ご購入なさってください。

そして、1984年 'Ridin' High' や 1990年の 'In Good Company' では、
歌手として 円熟期に入った スーレイニーの スキャットを交えた
軽やかなスウィングが とても楽しめる作品に 仕上がっています。

さて、ライブ動画ですが、48歳くらいの時らしい "Dreamsville" を。

Sue Raney / Dreamsville




2006年にリリースされた、ドリス・デイに捧げるアルバム
'Heart's Desire: A Tribute to Doris Day' では、彼女の原点に戻るような
瑞々しい歌声と 円熟した歌唱力で、じっくりと 聴かせるアルバムになっています。


さて、本日の締めは、17歳にして この色気と落ち着き!
やはり、デビューアルバム 'When Your Lover Has Gone' から、
うっとりするような "I'll See You In My Dreams" を どうぞー。

Sue Raney / I'll See You In My Dreams (1958)】




皆様、夢でお会い致しましょう。
どうか よい夢を。


◆ ランキング参加中 ◆

FC2 Blog Ranking
ブログセンター ランキング
にほんブログ村 ランキング
Blogram Ranking

ブログ更新の励みになりますので、応援のクリックを 何卒 よろしくお願いします!
テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽
本日は、男性 ジャズ ボーカル お二人様 ごあんな~いの巻 です。

何故、お二人一緒に 記事にしたかというと、
まぁ、別々でも 良かったのですけど、顔が苦手なんです・・・。(えっ!? そんな理由!?)

いや、まぁ それも あるんですけど、お二人のジョイントが
素晴らしいものでしたので、とにかく それを 観ていただきたかった!

というわけで、そのジョイント動画だけを ご覧になりたい お忙しい方は、
ずずずいーっと スクロールして、最後の動画を ご覧ください。

ということで、まずは ジャズ ボーカル の 大先輩から。

Al Jarreau(アル・ジャロウ) 1940年 ミルウォーキー・ウィスコンシン州生まれ

なんと、過去に グラミー賞を 5度も 受賞している
そりゃ もう 素晴らしい ジャズ ボーカリスト なのですが、
その割に 「アル・ジャロウ? ない じゃろう?」なんつって遊んで ごめんなさい。

彼の面白い経歴として、大学では 心理学を専攻し、
卒業後 心理カウンセラーとして 仕事をなさっていたことを挙げておきます。

"歌うセラピスト!?"

そのせいなのか、と~っても ハッピーな方なんですよねー。
自分で言うのもなんですが、私も相当 楽しく歌ってますが、
彼ほど 楽しく歌う方を 未だに 見たことがありません。

本当に 優しく優しく 全てを 包み込む、素晴らしい歌声です。
まずは、大ヒット曲 "Your Song" を どうぞー。

Al Jarreau / Your Song (1976)】

Al Jarreau(vo)
Tom Canning(key) Jerome Rimson(b) Nigel Wilkinson(ds)



幸せな気分になりますね~。

そして、こちらが、MC(曲と曲の間のお喋り)から すでに 歌。
ちょっと 危ない人 みたいに みえなくもないのですが、
こんなパフォーマンスを 出来る方は、なかなか 他にいらっしゃいません。

Al Jarreau / Take Five (1976)】




では、次に 本日のもう一人の主役を。

Kurt Elling(カート・エリング) 1967年 シカゴ・イリノイ州 生まれ

ミネソタ州にある Gustavus Adolphus College のオーケストラ(ビッグ・バンド)で
ジャズ を始め、卒業後、ナイトクラブで 歌手活動を開始。

1995年 ブルーノートから デビューアルバム 'Close Your Eyes' をリリースし、
異例の大ヒット、それに伴い グラミー賞にも ノミネートされ、
その後も、ブルーノートレーベルから、順調に アルバムをリリースします。

そして、コンコルド移籍後、2009年リリースの最新アルバム 'Dedicated to You' にて
第52回 グラミー賞にて 最優秀 ジャズボーカルアルバム賞を受賞!

彼の キャリア と 実力 を考えると、もっと 早くに受賞していても
良かったんじゃないかなー、と 私は 思っているのですが、
まぁ、いかんせん 顔が苦手なので、彼の動画は あまり 観ません。

あと、ライブでの歌が フランク・シナトラを超える なげやりさ を 感じる時があって、
その辺は 良くないかなー と 思ってます。いや、多分 ご本人としては それなりに
丁寧に 歌ってらっしゃるつもりなのでしょうが、声を 放ったらかしにしてるというか、
艶がないというか、まぁ とりあえず 顔が苦手 なんですよね。(結局 そこかい!)

CDだと 気になりませんので、万事 オッケーなんですが、
ひとまず、ご紹介できる と感じた ライブ動画が 下の 2本くらいなんですわ・・・。

というわけで、とっても 素敵なアレンジと、素晴らしいパフォーマンスで
観客を 魅了する "My Foolish Heart" を どうぞー。

※ 途中で切れるのは 私が 顔が嫌いなせいではありません。

Kurt Elling / My Foolish Heart(2007)】
 



観光名所にもなっている オーストラリア・シドニーのオペラハウスにて、
オーケストラをバックに、堂々とした パフォーマンス。
素晴らしい スキャットを 聴かせてくれます。

Kurt Elling / Nature Boy (2008)】



お見事!


そして、さぁ~ お待ちかね! お二人の ジョイントです。

Al Jarreau & Kurt Elling / Take Five (2006)】




歌っていいよね!
大好きだ。


◆ ランキング参加中 ◆

FC2 Blog Ranking
ブログセンター ランキング
にほんブログ村 ランキング
Blogram Ranking

ブログ更新の励みになりますので、応援のクリックを 何卒 よろしくお願いします!
テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽
以前、Toots Thielemans の巻 でも ちらっと ご紹介しましたが、
メジャーデビューし ぼちぼち 名前が売れ出した頃から、ノラ・ジョーンズのように
「ジャズか? ジャズじゃないか?」という 論議を生み出した 若手歌手が この方、

Jamie Cullum (ジェイミー・カラム) 1979年 ランフォード・ロンドン生まれ

音楽活動をしながら、Reading University で イギリス文学 と Film Studies を専攻し、
High-Honers という かなりの上位成績 (首席という表現でいいかも?)で 卒業したという、
なかなか 変わった(?)というか、むしろ きちんとした 立派な 経歴の持ち主です。

話は ちと それますが、東大卒/京大卒 の ミュージシャン も多く存在し、
プロの音楽家/演奏家になるには 音大(または 音楽の専門学校)で
勉強しなければならない ということは 決して ありません。

逆に、学者さん(大学の教授職の方 とか 研究職の方)で 趣味として
音楽をなさっていて、それが 抜群に 上手い! という方も いらっしゃいます。
それも 特に 数学者の方が 多いような気がします。
(私が 出会った/知った方の中では という意)

もっとも 音楽は 数学的な学問として 考えられており、
詳細は省きますが、「古代ギリシアの 数学者/哲学者のピタゴラスが考案した」
という説がある "ピタゴラス音律" と呼ばれるものがあったするので、
数学に強い方が 自然と 音楽に強くなるのも 不思議ではないのかもしれません。

いや、もちろん 音楽をやるには 高学歴じゃなくても いいんですけどね。
学歴(学校での勉強ができる/できない)は 音楽性、芸術性には 関係ないと思うので。

で、話を戻して、その ジェイミー・カラムですが、
彼は 恐らく IQの高い いわゆる 天才児 なんじゃないでしょうかねー?

お付き合いしたことも、お会いしたこともないので、真意の程は わかりませんが、
ひとつだけ 確実にいえることは、「彼は 抜群に 耳が良い」ということです。

彼は、大学在学中の1999年に Jamie Cullum Trio として ファーストアルバム
'Heard It All Before' を リリースしますが、限定 500枚 という 幻っぷりで、
探すことは 容易ではありません。というか、まぁ 所持していたところで どうっちゅう話ですが。

そして、大学卒業後に セカンドアルバム 'Pointless Nostalgic' を リリースし、
2003年には イギリスのテレビ番組 初登場し、この辺りから、注目を受け始め、
その後、彼自身にとっては 3枚目のアルバムである 'Twentysomething' で、
ソニーレコード(だっけな?)より、メジャーデビューを 果たします。

この 'Twentysomething' というアルバムには オリジナルだけでなく、
"Singing In The Rain" "Old Devil Moon" "Can't We Be Friends" といった
ジャズ スタンダードも 収録されているのですが、これが 新解釈というか、
ロック? ポップ? のノリも交えた アレンジになっており、
この辺りが 「ジャスか? ジャズじゃないか?」と 言われ始めた 原因です。

というか、分類学者じゃないので、別に 厳密に カテゴライズする必要は
そもそも ないんじゃないかと 思うんですけどねぇ・・・。

で、それは ともかく 私は アルバムタイトルである 'Twentysomething'
(「にじゅう・・・し? ご? まぁ その辺」 「にじゅう いくつか」「にじゅう うん歳」みたいな表現)
に、ピッタリ しっくりとする 若さや 力強さ が 感じられ、良いアルバムだと思います。
(名盤という意味では ありませんので、念のため。)

そのアルバムに収録されている コール・ポーターの "I Get a Kick Out of You" の
ライブバージョンから、本日の 動画紹介を はじめましょう!

さぁ、驚きやがれ!!! ですよー。

Jamie Cullum / I Get A Kick Out Of You (2004)】

Jamie Cullum(vo & pf) Geoff Gascoyne(b) Sebastian De Kromm(ds)



どうですか? この若さ! このパワー! ってか、ピアノ うめぇーwwwww
他のジャズメンや 評論家から 反則だろ と思われても仕方ない パフォーマンスです。


同じく 'Twentysomething' に 収録されていますが、私の大好きな曲
"What A Difference A Day Made" の テレビ出演収録のライブものを どうぞー。

Jamie Cullum / What A Difference A Day Made



ルイ・アームストロングや 過去のジャズメンを 尊敬なさっているだろうことが
伺えるパフォーマンスだと 思いました。

前のほうで、「彼は 抜群に 耳が良い」と 記述しましたが、
彼は、イギリス生まれの イギリス育ちなので、英語の発音は イギリスのイントネーションの
はずなのですが、歌を歌っている時は、完璧に アメリカ英語のイントネーションで、
相当多くの ジャズ ボーカルものを きっちり 聴いて、勉強/練習なさったんだろうな と。


2005年 リリースの アルバム 'Catching Tales' や、
2009年 リリースの 5枚目のアルバムになる 'The Pursuit' も
彼のオリジナル曲が メインで収録されていますが、その 'The Pursuit' からは、
またもや コール・ポーターの "Just One Of Those Things" を どうぞー。

Jamie Cullum / Just One Of Those Things (2009)】



ホリー・コール を ジャズ ボーカル と 多くの人が 分類しているのですから、
彼も ジャズ ボーカルで いいと思うんですが、ダメなのかな~?


その論議をかもし出した、2003年の アルバム 'Pointless Nostalgic' から、
"You and the Night and the Music" を どうぞー。

Jamie Cullum / You and the Night and the Music (2003)】



ジャズで いいじゃんねぇー? ダメかぁー?
ハリー・コニック・Jr が 出てきた時も、「ジャズじゃない」と 叩かれたことを
思い出すと、新人歌手というのは 叩かれる運命にあるのかもしれませんね。


といわけで、彼のよさは やはり 若さ溢れる パワフルなステージにあると思うので、
本日の締めは、客席に降りての オフ マイク パフォーマンス動画で。

Jamie Cullum / Cry Me A River】 ※音量注意!




YouTube にも Jamie Cullum の チャンネル が ありますし、
My Space にも Jamie Cullum の ページ も ありますので、
ご興味が沸いた方は、是非 訪れて、他の動画や 曲を 聴いてみてください。


ジャズで いいと思うんだけどなぁー?

というか、彼ご自身では、「俺は ジャズでも ロックでも ポップでもなく、
Jamie Cullum というジャンルだ!」だと 思ってらっしゃるんじゃないでしょうかね。
なんとなく、そんな気がします。

いずれにせよ、イケメンっすね!
これからの 活躍にも 期待しています。


◆ ランキング参加中 ◆

FC2 Blog Ranking
ブログセンター ランキング
にほんブログ村 ランキング
Blogram Ranking

ブログ更新の励みになりますので、応援のクリックを 何卒 よろしくお願いします!

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽
「ジャズを 歌ってみたい。」
「ジャズ ボーカル を やってみたい。」
「ジャズ は 聴いたことがないけれど、英語の歌を 歌ってみたい。」

という ジャズボーカル志望の方がいらしたら、私は まず最初に、
この方のレコード(CD)を 購入し、何曲か聴くことを お勧めしています。

Doris Day(ドリス・デイ)1922年 オハイオ州生まれ

彼女の歌は、声・英語の発音・節 と、どれをとっても とにかく 癖がないので
とても 聴きやすく、更に ジャズ スタンダードの名曲を 多く歌っていらっしゃるので、
ドリス・デイのレコード一枚で、入門編としては ことたりることが多いと思います。

少女の頃から 歌うことが 大好きで 美人だった 彼女は、
18歳の時にレス・ブラウン楽団の専属歌手になり、
22歳の時に歌った "A Sentimental Journey" が、大ヒットします。

というわけで、まずは その "A Sentimental Journey" を どうぞー。

Doris Day / A Sentimental Journey (1944)】※ 音量注意!



いかがでしょう?
ちらっとでも 「私にも 歌えるかも?」 と 思われたとすれば、この企画は 大成功です(笑

ええ、あなたにも 歌えますよっ!

もちろん、上手く歌う・プロになって 生活していく となると、
話は また 変わってくるのですが、なんとな~く 軽く 口ずさむ程度から はじめ、
お料理しながら、お掃除しながら、お風呂に入りながら、車の運転をしながら、
歌っていただくのに 丁度 良い歌だと思います。

さて、その ドリス・デイですが、"A Sentimental Journey" のヒットの後、
美貌を活かして ミュージカル映画の女優として スクリーンデビューを果たします。

デビュー作ではありませんが、1950年に 主題歌も大ヒットした、
'Tea For Two'(邦題:二人でお茶を)から、テーマ曲を。

Doris Day / Tea For Two (1950)】




そして、1951年には、デビッド・バトラー監督の "Lullaby of Broadway" に主演。
ブロードウェイのスターダムを駆け上り、脚光を浴びるまでの物語で、
ミュージカル映画としての評価は いまひとつですが、(実際 内容もいまひとつですw)
ドリス・デイが 歌い踊るシーンは とても印象的です。

彼女は、子供の頃から バレリーナに憧れ、レッスンを受けていたのですが、
残念なことに、15歳の時に 交通事故に遭い、バレリーナへの道を断念しました。

しかし、そのバレエの基礎があるので、タップダンスにしても、
ミュージカルの中での 身のこなしが とても 優雅で 美しいのです。

では、"Lullaby of Broadway" (邦題:ブロードウェイの子守唄)より、
ドリス・デイの 素敵なタップダンスシーンを。

Doris Day / Just One Of Those Things (1951)】




1953年には 西部劇ミュージカル 'Calamity Jane'(邦題:カラミティ・ジェーン)に主演。
その中から、今でも ジャズ スタンダードとして 多くのミュージシャンが演奏し、
多くの ジャズボーカルのよっても 歌われ続けている、"Secret Love" を どうぞー。

Doris Day / Secret Love (1953年)】



とっても、シンプルで いいですね~。
馬の乗り方が 格好良い!


1955年には、'Love Me or Leave Me'(邦題:情欲の悪魔)に出演。
衣装が とても 素敵な、このシーンを どうぞー。

Doris Day / Mean to Me (1955年)】



大きなイヤリングに、ネックレスなし というのが 良いですね。
今度 真似しちゃおうっと。


そして、そして いよいよ 大大大ヒットナンバー!

1956年の 'The Man Who Knew Too Much'(邦題:知りすぎていた男)から、
アカデミー賞歌曲部門受賞の この曲 "Que Sera Sera"(邦題:ケ セラ セラ)で、
本日の ドリス・デイ 特集は 締めたいと思います。

Doris Day / Que Sera Sera (1956年)】




Que Sera Sera
Whatever will be will be
The future's not ours to see
Que Sera Sera
What will be will be

本当に 人生は なるようになる ですよね~。

というわけで、暗くて不安なことも 多い昨今ですが、
明るく 楽しく まいりましょう!

ケ セラ セラ

辛い時、悲しい時、寂しい時に 是非 歌ってみてください。



◆ ランキング参加中 ◆

FC2 Blog Ranking
ブログセンター ランキング
にほんブログ村 ランキング
Blogram Ranking

ブログ更新の励みになりますので、応援のクリックを 何卒 よろしくお願いします!
テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。