かなり楽しく歌います

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
若者の派手なパフォーマンスの次に 是非 ご紹介したいのは、
スウィング ジャズ 時代に おいて 「Mr. Rhythm」と呼ばれた、
最高に地味で 最高に格好良い ジャズ・ギタリスト

Freddie Green(フレディー・グリーン) 1911年 チャールストン生まれ

それにしても 1911年生まれって、日本では 明治時代。

1911年の出来事を ぐぐってみますと、

 ・中国で辛亥革命、清朝倒れる
 ・アムンゼン南極点に到達
 ・日英通商航海条約に調印
 ・日本橋(東京)開橋式

「芸術は爆発だ!」の 岡本太郎氏も 1911年生まれ とのこと。

フレディー・グリーンは、10代のはじめに バンジョーに興味を持ち 演奏をはじめ、
その後、ギターに 持ち替え、10代後半には NYに 移住し(両親が亡くなった為)
学業の傍ら、ナイトクラブで ジャズ の 演奏活動を開始します。

1936年、フレディー・グリーンが 24歳の時、John H. Hammond の 紹介により、
カウント・ベイシーと出会い、彼と演奏活動を共にし、
1937年に カウント・ベイシー楽団に加入。
以後、50年に渡り カウント・ベイシー楽団で 演奏活動を続けました。

50年間ですよっ!

「継続は力なり」といいますが、リズムを刻んで 50年、
彼は、カウント・ベイシーと並んで "All-American Rhythm Section" の一人として
大絶賛され、今でも その業績を称えられています。

素晴らしい演奏を たっぷりと そして ゆったりと ご堪能ください。

まずは フレディー・グリーン作曲による "Corner Pocket" から 始めましょう。

Count Basie Orchestra / Corner Pocket (1962)】




時代は 大幅に 前後しますが、1936年の カウント・ベイシー楽団の前身であった
Count Basie's Blue Five の ブギ・ウギ を どうぞー。

Count Basie's Blue Five / Boogie Woogie (1936)】

Count Basie(pf, vo)
Carl "Tatti" Smith(tp) Lester Young(ts)
Freddie Green(g) Walter Page(b) Papa Jo Jones(ds)



シンプルですなー。
だが、それがいい!


続いては、1954年の Urbie Green(アービー・グリーン) の リーダーアルバム
'Urbie Green And His Band'(10インチ版)より、"Lullaby of Birdland" を。

Urbie Green / Lullaby of Birdland (1954)】

Urbie Green (tb) 
Ruby Braff (tp) Med Flory (as) Frank Wess (ts,fl)
Sir Charles Thompson (pf) Freddie Green (g) Aaron Bell (b) Bobby Donaldson (ds)



正直、ちょっと、微妙・・・。


気を取り直して、カウント・ベイシー楽団に 戻りましょう!

アルバム 'Back with Basie' から、トランペット→ピアノ→ギターの
ソロが 素晴らしい、"The Elder" を どうぞー。

Count Basie Orchestra / The Elder



すべて 重音での ギターソロ!


そして、気分がよくなる "Good Time Blues" のライブ動画をどうぞー。

Count Basie Orchestra / Good Time Blues (1980)】



カウント・ベイシー 超ご機嫌!


そして、カウント・ベイシー楽団で この曲は はずせません。

Count Basie Orchestra / In A Mellow Tone (1981)】

Sonny Cohn, Pete Minger, Darle Carley, Frank Szabo (tp)
Bill Hughes, Dennis Wilson, Grover Mitchell, Booty Wood (tb)
Danny Turner, Bobby Plater (as) Kenny Hing, Eric Dixon (ts) Johnny Washington jr. (bs)
Count Basie (p) Freddie Green (g) Cleveland Eaton II (b) Gregg Field (d)




そして、本日の締めは、鼻血ブーのメンバーによる ライブ動画で!

Dizzy Gillespie All Stars / Loose Walk(1985)】

Dizzy Gillespie(tp) 
Harry "Sweets" Edison (tp) Clark Terry (flh)
James Moody(ts) Buddy Tate (ts) Benny Powell (tb)
Gene Harris (p) Freddie Green (g) Ray Brown (b) Grady Tate (ds)



ほんっとに、ジェームス・ムーディーは どこにでも いるよなー(笑
大好きだから 嬉しいんだけど。

そして、お久しぶりの パパイヤ鈴木 ジーン・ハリス!
一音 一音 素晴らしく 格好 良いですね~。

そして、フレディー・グリーンのリズムの安定感と 安心感。
彼が 一人 入るだけで、ソリスト 一人一人の個性が まとまって 聴こえます。

真の「縁の下の力持ち」は 彼のような リズム・ギター なのかもしれません。



◆ ランキング参加中 ◆

FC2 Blog Ranking
ブログセンター ランキング
にほんブログ村 ランキング
Blogram Ranking

ブログ更新の励みになりますので、応援のクリックを 何卒 よろしくお願いします!



スポンサーサイト
テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽
以前ご紹介した Paul Chambers のアルバム 『Bass On Top』 のサポートで、
素晴らしい演奏が際立っていた ジャズ ギタリストが この方。

Kenny Burrell(ケニー・バレル) 1931年 ミシガン州デトロイト生まれ

スター性という意味では、ウェス・モンゴメリ や ジョー・パス と比べると、
少々 地味かな? その辺にいる おっちゃん? という印象で、
(まぁ、ジョー・パスだって 道を歩いている分には 普通に おっちゃん かもしれんが・・・)
更に、ケニーという名前の ジャズ ミュージシャンが 多いが故に
「えーっと、ケニーなんとかの どれかで、ギター弾く人」
という 雑な扱いをされやすい方だったりします。

でも、とにかく フレージング と その間が 素晴らしいっ!
そして、耳に気持ちよい!

まずは、1979年の アコギなアルバム『Moon And Sand』から、
有名どころの "Blue Bossa" を どうぞー。

Kenny Burrell / Blue Bossa (1979)】

Kenny Burrell (g) Roy McCurdy (ds) John Heard (b) Kenneth Nash (per)



このアルバムに収録されている "Moon And Sand" は 名曲ですぞー。
なら、そちらを 紹介しろよって話ですが・・・。


そして、同じ "Blue Bossa" のモチーフになった "Tres Palabras" を。
1962年のアルバム 『Bluesey Burrell』に収録されています。
コールマン・ホーキンスのソロが、涙ちょちょぎれますよー。

Kenny Burrell & Coleman Hawkins / Tres Palabras (1962)】

Kenny Burrell(g) Coleman Hawkins (ts) Tommy Flanagan(p)



トミー・フラナガンのピアノが 美しいっ!


そして、このアルバムは おススメ。
1961年の『Midnight Blue』より、タイトルナンバー "Midnight Blue" を。

Kenny Burrell / Midnight Blue (1961)】

Ray Barretto(conga) Major Holley(b) Bill English(ds)



この曲には 入っていませんが、スタンリー・タレンタインのテナーが、
これまた 泣けるんだ・・・。いわゆる スタンダードナンバーは
収録されていませんが、購入しても後悔のないアルバムです。


アルバムばかりの紹介だと つまらないので、ライブ動画を ばばーんと。


まずは、とーっても 珍しいというか、最初観た時は
「えっ!? 誰?」状態だった、ビル・エバンスとのデュオ。

サド・ジョーンズの美しいバラード "A Child Is Born" を どうぞー。

Bill Evans & Kenny Burrell / A Child Is Born (1978)】



未だに、本当に ビル・エバンスか 疑ってたりしますが、
サウンドを聴いていると、ご本人なんですよねぇ・・・。
いやぁ、実に 実に 美しいです。

最後に 見つめ合って、にこっと 笑うところが 良いですね~。


本日の締めは こちら!
ギタートリオで ビシっと決めたいと思います。

Kenny Burrell Trio / Jeannine (1990)】

Kenny Burrell(g) Bob Magnuson(b) Sherman Ferguson(ds)




ブルージーだけど、泣き過ぎない。
スウィートだけど、甘過ぎない。

"Mellow" という言葉が しっくりくる
とても バランスの良い ギタリストだと思います。

ケニーなんとか ではなく、ケニー・バレル と
しっかり 覚えていただくきっかけになれば 幸いです。


本日のおまけ



テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽
今までも 小出しに ちょこちょこっと ご紹介してきましたが、
いよいよ ジャズ ギターの巨匠、Jim Hall(ジム・ホール)の特集です。

1930年生まれの御年 79歳!

以前 C'est La Vie で 特集した ピアノの Ahmad Jamal(アーマッド・ジャマル)や
ジャズ・サックスの巨人 Sonny Rollins も、同じ 79歳で、現役バリバリ!

"85年組み" だか アイドルが豊作だった年があるように、
ジャズミュージシャンが 豊作な年だったのでしょうか。
(デビューの年と 生まれ年を 一緒にしちゃいかんかな?)

いずれにせよ、巨匠達が お元気で 活躍なさっていることは、大変 嬉しいです。


1960年代、ジム・ホールは サイドマンとしても 大活躍でしたので、
まずは、その頃に収録された ソニー・ロリンズの復活曲 "The Bridge" から どうぞー。

【Sonny Rollns Quartet/ The Bridge】

Sonny Rollns(ts) Jim Hall(g) Bob Cranshaw(b) Ben Riley(ds)




年代が 少し前後しますが、フリューゲルホルンの アート・ファーマーと、
ドラムの ウォルター・パーキンスのパフォーマンスが 格好良い
"My Little Suede Shoes" を 先に ご紹介します。

Art Farmer Trio featuring Jim Hall / My Little Suede Shoes (1964頃)】

Art Farmer(fh) Jim Hall(g) Steve Swallow(b) Walter Perkins(ds)




そして、続きましては、1962年に ビル・エバンスと連名で リリースされた、
素晴らしいアルバム 『UNDERCURRENT』から、とにかく 美しい美しい2曲をどうぞー。

Bill Evans & Jim Hall / Dream Gypsy → Skating In Central Park (1962)】




これも、捨てがたい・・・。
バーニー・ケッセルとの ギター デュオの映像です。素晴らしいっ!

Jim Hall & Barney Kessel / You Stepped Out Of A Dream




そして、締めの前に 比較的 最近の2007年、
オランダは アムステルダムでの ライブ映像をどうぞ。
若手ミュージシャンとの共演で、なんだか とても いきいき のびのびと
演奏を楽しんでおられる様子が伺えます。

Jim Hall Trio / St. Thomas (2007)】

Jim Hall(g) Geoffrey Keezer(pf) Scott Colley(b)




そして、お待ちかね! 本日の締めは、もちろん こちら!
自ら「ライフワーク」と仰っている、
"Concierto De Aranjuez"(アランフェス協奏曲)です。

Jim Hall / Concierto De Aranjuez 1/2 (1975)】※tpソロで切れます。

Jim Hall(g) Chet Baker(tp) Paul Desmond(as)
Roland Hanna(pf) Ron Carter(b) Steve Gadd(ds)



Jim Hall / Concierto De Aranjuez 2/2 (1975)】※tpソロからの続きです。




ご本人の体調不良で 公演がキャンセルになったのが残念ですが、
新しい "Concierto De Aranjuez" を 楽しみにしております。

というか、今の今まで ずーっと アンフェラス協奏曲だと思い込んでいたことは 内緒だっ!

 ※ 私、とにかく カタカナに弱く 読み間違いが多いのです。この話は また いずれ・・・


テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽
冬季オリンピックも始まり、「日本頑張れー!」と、
テレビの前で応援していらっしゃる方も 多いかと思います。

ええ、我が家には テレビがありません。乗り遅れってやつです・・・。
でも、YouTube などの動画サイトで 情報が手に入るようになりましたので、
じっくり観戦、結果は ニュースサイトで知っていても 応援!

というわけで、本日は オリンピックとは 全く関係なく、
主に 海外で 精力的に活動していらっしゃる、
ジャズギタリスト 井上智さんを ご紹介したいと思います。

井上智さんは ただいま ニューヨークにお住まいで、別名 "ジャズかけこみ寺"。

ニューヨークへジャズ修行に訪れた ミュージシャンの間では、
「何か 困った事があったら 井上さんに相談しよう!」が
合言葉のようになっています。

実際、私も渡米当初、右も左も わからない はじめてのNYでしたが、
レジデンス(下宿)が 井上さんの当時のお住まいから 200m ほどしか
離れていないところにありましたので、機会があるごとに 色々と 声を掛けてくださいました。

様々な お仕事場(ライブ)へも 一緒に 連れて行っていただき、
その中で、北川潔さんとの再会があったり、
故エブリン・ブレイキー(アート・ブレイキーの娘さん)をご紹介いただいたり、
ライブで 歌わせていただいたりと、本当に 大変 お世話になりました。

というわけで、本日は、心が広く とても優しい ジャズ ギタリスト、井上智さん特集です。


まずは、井上さんのお師匠様 Jim Hall(ジム・ホール)氏との共演。
目線だけで 意思が通じ、音でも お互いが会話なさってる様子が
大変 微笑ましく 暖かい、ジャズ ギター 師弟デュオの動画です。

Jim Hall & Satoshi Inoue / Waltz New



たとえ師弟の仲でも(師弟の仲だからこそ?)容赦のない アドリブのやりとりは、
聴き応えがありますね。でも、やはり 愛に包まれているような雰囲気です。


続きましては、ピアニスト Benny Green(ベニー・グリーン)とのデュオ。
この解釈/アレンジは 斬新です!

Benny Green & Satoshi Inoue / All The Things You Are



お二人の人間性まで 伝わってきませんか?
音楽にしろ、絵画や踊りでも、自然と その人の 人間性が現れるんですよね。
だから「いつも 良い生き方を!」というのが 大切なのだと思います。


続いては、大変 珍しいビッグバンドものを!

テナーサックス奏者であり、作曲家、アレンジャーでもあり、
サド・ショーンズの後継者として 86年後半より
カウント・ ペイシー楽団のリーダーを務める Frank Foster(フランク・フォスター)と
北陸のアマチュアビッグバンド 「Moonlight Jazz Orchestra」との共演動画です。
曲は もちろん "Shiny Stockings" !

Frank Foster with Moonlight Jazz Orchestra / Shiny Stockings

Junior Mance(pf) Dave Gibson(ds) Earl May(b) Satoshi Inoue(g)



ひたすら リズムを刻んでおられるだけですが、
とても 楽しんでいらっしゃる様子が 伺えます。


そして、井上さんのバンド“Manhattan 5”の日本ツアー(2009年)の模様を。
皆さん NYで活躍なさっている ミュージシャンです。

Manhattan 5 / September In The Rain】 ※時折 録音状態が悪くなります。

Satoshi Inoue(g) Steve Nelson(vib) Noriko Ueda(b) Unno Tadataka(p) Kazuaki Yokoyama(ds)




そして、最新情報では “Manhattan 5”のCDが発売されたそうで、
リリース記念のギグが ライブハウス「Small」で 2日間に渡って
盛大に行われたそうです。その時の動画がこちらです。

Manhattan 5 / Lullaby of Birdland

Satoshi Inoue(g) Steve Nelson(vib)
Tadataka Unno(pf) Noriko Ueda(b) Kenny Washington(ds)



ワルツとは びっくりだっ!

このギグ(ライブ)の模様は、井上智さんご本人のブログからも、
大盛況だったことをうかがい知ることができます。

“Manhattan 5”のCDもこちらの Satoshi Inoue Official Website から 購入できるようですので、
あと、ジャズギター教則本(譜面)の案内もありますので、
ご興味ある方は 是非 訪れてみてください。


日本頑張れ!
日本人頑張れ!
私こそ もっともっと頑張れっ!

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽
ジャズ → ジャズ → ワールドミュージック と続けてきたので、
面白動画の出番か!? と思いきや、再び ジャズ に戻っちゃいます。
んー ジャズというか、意外と フュージョン好きな方が 多かったようですので、
やはり、日本代表の この方の出番なんじゃないかなと。 (ドゥルルルルルルルルルルルルルルル ジャーン!)

渡辺香津美さん! (パンパカパーン!)

さぁ、まずは 涙ちょちょぎれる "ギター小僧" と呼ばれていた頃の
KYLYN(キリン)のライブ映像から ご覧いただきましょう。

【KYLYN / Black Stone - Miles Stones】



しかし、今 考えると、「えぇぇぇぇーっ!?」 というメンバーですね。
坂本龍一、矢野顕子、村上秀一、清水靖晃、 本多俊之、向井滋春、小原礼、ペッカー
サウンドも まったく 古くないところが これまた 凄い。
というか、1979年の映像だから、当然ながら 皆 若いっ!

青と黄色でシンプルに KYLYN と書いたレコードを買って、
何度も何度も 聴いた思い出が 蘇ります。


でもって、これも 是非 見ていただかないとっ!
ギターxギターのデュオです。

【渡辺香津美 vs 高中正義】



お二人とも 凄く楽しそう!
どっちが上手いとか、関係ないですねー。


ギターxギターの次は、ギターxギターxギターのトリオですよね~。
ここで、何度かご紹介している、「夢の乱入者」のライブ録画映像です。
この三人が、何故か ベンチャーズのメドレーなんてやってます。

ほぼ同世代のこの三人がギター少年の頃、「青春デンデケデケデケ」みたいに
ギターは "エレキ" と呼ばれていて、ベンチャーズ(または寺内タケシ氏)を
何度も何度も 聴いて "エレキ" に憧れ 練習をしていたんだろうなと想像。

ベンチャーズメドレーになっているけれど、
途中 懐かしい日本の歌も はさまれていますw
もう、ギター祭り状態!

でもって、演奏の最初のほうは 凄く 楽しそうなんだけど、
だんだんと「なんで、俺ら 今 こんなのやってるんだろ?」という
表情になっていくのも じんわり 面白い映像でした。

【Char(竹中尚人) & 渡辺香津美 & 石田長生 / ベンチャーズ メドレー】



それにしても、Char 格好良いな!


ここまできたら、ギターxピアノも いっとかないと!
"世界の"山下洋輔さんとの共演です。
何が凄いって、二人の巧みな絡み合いが グルーブしまくって、
不協和音なはずなのに 耳にうるさくないんです。

【渡辺香津美 & 山下洋輔 / 遠州つばめ返し】 ※1/2 のみですので、途中で切れます。




本日の締めとしては、やはり これじゃないかなーと。
実に素晴らしい ギターxギター デュオです。
とにかく、凄い!凄い! としか 言い様がありません。
是非是非 ご覧ください!

【Al Di Meola & Kazumi Watanabe / 地中海の舞踏】




本当は、渡辺香津美さんのフルアコでの ウェス・モンゴメリーばりの ジャズ、
しっとりとした 優しさの溢れる ソロギターの動画なんかもご紹介したかったのだけど、
なんとなく、今日は 香津美さんの熱い動画を集めてみました。

最近、凄く寒いですし。

皆様、風邪などお召しになりませんように。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。