かなり楽しく歌います

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
順番でいくと、今日は ジャズ 動画の日 なのですが、
以前から 用意していた サッカーの動画を ご紹介するには、
今日が 一番ふさわしいと思いましたので。

さぁ、世界のゴールキーパーの活躍を お楽しみください!

  ※ 珍プレー 好プレー、お好きなほうから どうぞー。

世界のゴールキーパー珍プレー集



「Don't worry. Do your best !」 この 塊魂は 実に 頭に残る メロディーですな・・・。


世界の鬼キーパー達の鬼セーブ集




私は、サッカーのことは まったく 解りませんが、
やはり 身体能力を含んだ技術的なことだけでなく、
最終的に ものをいうのは 気力と根性 なんでしょうね。

気力というより、気迫。

試合の行方が 一人の背中に ファンの想いごと のっかってるんですもん、
そりゃ もう とてつもない プレッシャーでしょう。
想像するだけで、ちびりそうです。

試合を観ていないので、細かいところでは ミスなんかも あったのかもしれませんが、
選手が帰国する日には、「良く頑張った!」と 拍手で 暖かく 出迎えて欲しいと思います。

で、パラグアイには 是非とも 優勝していただきましょう!


「グアラニー がんばれーっ!」


◆ ランキング参加中 ◆

FC2 Blog Ranking
ブログセンター ランキング
にほんブログ村 ランキング
Blogram Ranking

ブログ更新の励みになりますので、応援のクリックを 何卒 よろしくお願いします!
スポンサーサイト
テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ
つぶやきサイト「Twitter」 が流行しております。

まぁ、私は 今のところ トゥイってはいないのですが、
アカウントの乗っ取り(不正アクセス)や ワンクリック詐欺も
非常に 多くなっておりますので、皆様 十分に ご注意くださいね。

そして、デマも多く流れます。

昨年ながれた デマ・・・というか、
ことのはじまりは、ニュースでの誤報なのですが、
Twitter を通じ、一瞬にして 全米に広まった 噂が
「ジェフ・ゴールドブラム、ニュージーランドにて 事故で死亡」

 ※ ジェフ・ゴールドブラムは、映画 "FLY" での科学者(主演)、
  "ジュラシックパーク" での 理屈っぽい数学者役で有名で、
  最近では 日本のCMにも 登場しています。
  顔を見ると、「あー、この人か!」と 思い出していただけるのではないかと。

そのニュースを、ご本人が 番組宣伝を兼ねて、ネタにしている、
ちょっと 笑える 動画です。(昨年のことなので、ご存知の方も 多いかな?)


Jeff Goldblum Will Be Missed

The Colbert ReportMon - Thurs 11:30pm / 10:30c
Jeff Goldblum Will Be Missed
www.colbertnation.com
Colbert Report Full EpisodesPolitical HumorSkate Expectations


「だって、Twitter に そう書いてあったもんっ! Twitter で 読んだんだもんっ!」


この動画では、なんといっても、
ご本人による、ご本人への追悼スピーチが 秀逸です。

「光に向かって行って」は、"ゴースト" で 流行になったフレーズで、
いわゆる 成仏する という奴でしょうか。


皆様、どうか デマに振り回されることなく、ご利用は計画的に☆

テーマ:YouTube動画 - ジャンル:音楽
えー、僭越ながら この度、Miwa De Luca ファンクラブ
正式名称 「デ でいいんだよ!」 が
発足いたしましたので、お知らせ致します。

以前から、コアなファンの方からも ずっと 言われてたんですよね。
ファン倶楽部 ないの? と。 本当に、お待たせいたしました!

ええ、嘘です。 (はやっ!?)

おれさまファンクラブ というサイトで、ジェネレーターを使った
"架空のファンクラブの掲示板" を 作っていただけるんです。

そちらで 作っていただいた掲示板が こちら → Miwa De Lucaファンクラブ

2週間ほど、掲示されるようですので、Miwa De Luca ファンクラブご興味がある方は、
お早めに ご覧ください。

いやぁ~、さすが コアな方ばかり 集まってますね。
でも、かなり くすぐられました。
ありがとうございました。

あー、ファンクラブの正式名称 「デ でいいんだよ!」 というのには 元ネタがありまして、
Miwa De Luca って、やはり ちょっと なじみにくい名前じゃないですか。
エクアドル出身だけあって。(ええ、嘘ですが。)

それで、「Miwa さんとお呼びすればいいですか? それとも Luca さんの方が良いすか?」
と、色々な方から よく 尋ねられるんです。(取材の方とか、司会の方とかとかとか)

そんな時に、「それじゃぁ、間をとって "デ" で、お願いします。」 と答えると、
大抵の方は、笑ってくださいます。大抵でない方は、本気で 「デ さん」 と呼んでくださいます。
困ったことに、「デっちゃん」 で 定着してしまった方も、中にはいらっしゃったり・・・。

まぁ、そんなわけで、覚えにくければ、デ でいいんですよ、デ で。

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記
ブログを始めていなかったら、恐らく出会っていなかっただろう人、
知ることもなかっただろうことが、いっぱい あります。

前々から、ずーっと ご紹介したいと思い続けていたのですが、
あし@のリンク→からも 飛んでいただける、
ご夫婦で 世界一周の旅をなさっている Earth Tripper さんのブログは、
世界の様々な国の風景や暮らし、そして人々との出会いを綴っておられます。

ミュージカル サラフィナの土台である 南アフリカでの抗争/侵略の歴史、
漫画 "天は赤い河のほとり" 番外編の舞台となった カッパドキアの地下都市、
一度は行ってみたいなーと思っていた場所が、
世界地図の上だけでは知ることができなかった景色が、
お二人の目を通して、お二人の心を通して、観ることができます。
(本当に素敵なサイトですので、是非 訪問してください。)

同じく あし@のリンク→からも 飛んでいただける、
MikSの浅横日記 さんでは、世界の様々なニュースを知ることができます。
その MikSさんのサイトで、今回 とても 気になったニュース、
『ファルージャの子供たち』 という記事がありました。

イラク中部の都市、ファルージャで アメリカ軍の掃討作戦が展開されてから
5年が経った今、ファルージャでは、多くの奇形児が誕生しており、
小児癌で苦しみ、そして 死んでいく子供たちが急増している。
その実態をイギリス『ガーディアン』紙が伝えとのこと。
(是非、サイトを訪問し、記事を読んでください。)

一体、どのような攻撃だったのでしょうか。
アメリカ軍による "掃討作戦" とは、どのようなものだったのでしょう。

↓↓↓以下 wiki ファルージャの戦闘 より引用 ↓↓↓

「夜明け作戦」後の状況

多くの死体と瓦礫の山だけが残っていたが、それらは持ち出すことを禁じられた。
その後、77体の遺体が避難民に引き渡されたが、多くの死体は焼けただれていたとされる。
この中には衣服のみが残って身体の大半だけが焼け焦げた焼死体や
白いゴムのようになった死体が含まれていたとされ、このため、
白燐弾の対人使用やマスタードガスなどの化学兵器使用を疑う意見もある。

↑↑↑ 引用ここまで ↑↑↑

日本で生活している私にとっては、連日報道されていたとはいえ、
遠い国の遠い出来事 でしかありませんでした。
また、その現実を知ったところで、自分ひとりで できることなど、
何もない、もしくは たかが知れている のかもしれません。

でも、より多くの人に知ってもらうことで、何かが変わるかもしれません。
世界中の子供達が、笑って暮らせるようになりますように。

世界に平和を!

最後に、世界中を旅し、ひたすら踊り続ける Matt氏の動画をご紹介します。


【Where the Hell WAS Matt?】




【Where the Hell is Matt?】




【Where the Hell is Matt? (2008)】





テーマ:YouTube動画 - ジャンル:音楽
ここ10年程、家にテレビのない生活を送っているので、
ニュースや情報の入手はネット頼りになってしまうんだけど、
ヘッドラインで気になるものしか 詳しく読まないので、どうしても、内容が偏ってしまう。

今日の気になったニュースはこちら

↓↓↓ 毎日jp より引用 ↓↓↓

強盗:牛丼店で4千円分食べ現金奪う 神戸

 19日午後10時25分ごろ、神戸市灘区味泥町の飲食店「吉野家フェニックスプラザ摩耶店」で、客の男が食事を終えた後、カウンター内に入り、男性アルバイト店員(20)の胸ぐらをつかみ、はしのような棒状のものを首に突きつけて「金を出せ」と脅した。店員がレジを開けると、男は現金約8万円を奪って走って逃走した。店員にけがはなかった。

男は「牛丼特盛」や「カルビ焼定食」など約10品(約4000円相当)を次々と注文、約2時間かけて食べた後、店員を脅したといい、兵庫県警灘署は強盗事件として捜査している。

 同署によると、当時店内に他の客はおらず、調理場に男性アルバイト店員2人がいたが、無事だった。男は30~50代、身長170センチぐらい、がっちりした体形。食事中、不審な様子はなかったという。

http://mainichi.jp/select/jiken/news/20091020k0000e040029000c.html

↑↑↑ 引用ここまで ↑↑↑

「食事中、不審な様子はなかった」って、うまい・はやい・やすいの吉野家さんで
4000円分注文することが、既に、十分 不審だろっ!!!

恐らく店員さん同士でも、「おかしいよね???」という会話くらいは
あったんじゃないかと思うんだ。
でも、一応 サービス業だから マニュアルなんかに 
「お客様は外見等々で判断しないように」という指導が常日頃からあって、
"不審な様子はなかった" という証言になったのではないかなとエスパーしてみる。

「強盗に襲われた際は、抵抗せず相手の要求に従い、身の安全を優先すること」
これは、多くの銀行の服務規定にも記述されていたりする。
損益(保険等で補填可) <<< 人命(被害にあった際の保障) な面もあるんだろう。
だから、店員さんに怪我がなくて 本当によかったけれど、
それと、事前に危険を予測し、対策を考えておくというのは別問題じゃないかな。

「おかしいよね???」と感じたら、念の為に警備に通報しておくとか、
いや、まぁ、実際には それをしていて報道されてないだけなのかもしれないけど、
2時間もかけて食事してたのならば、何か未然に防ぐことができたんじゃないのかなと。

事件が起きてからの警察 じゃなく、事件が起きる前でも警察 にならないのかなぁ。
あー、うーん、苦い過去の事件が教訓になってないというか、
何事も起こらなければ 「よかったですね。では!」 みたいな存在じゃダメなのかなぁ。
人員の面でも 難しいのかもしれないけど、なんだかなー。


テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。