かなり楽しく歌います

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ジャズメン という言葉はあるのに、ジャズウィメン という言葉はありません。

女性で ジャズ というと、もっぱら ボーカルばかりで、ジャズメンと 肩を並べて
楽器を ゴリゴリ弾くタイプの ミュージシャンは とても 数が少ないのです。

最近では、日本人でも ジャズを演奏する 女性ミュージシャンが ちらほらと 登場していますが、
歴史を遡ると、一人の 女性 ジャズ ピアニストが、「女だって ジャズやるんだかんね!」と
主張し、その道を 開いてくれたのだと 感じます。その 素敵な女性の名前は、

Mary Lou Williams(メアリー・ルー・ウィリアムズ) 1910年 ジョージア州生まれ

ジョージア州で生まれていますが、育ったのは、ペンシルバニア州のピッツバーグで、
小さい時から ピアノを弾くのが 大好きだったようで、先生にもつかずに、
まったくの独学で ピアノを習得し、6才の頃には 既に 兄姉達のパーティーで 演奏していたとか。

そして、7才の頃には 地元のクラブや公民館などで 演奏会が 何度も催されていたそうで、
当時「the little piano girl of East Liberty」と 呼ばれ、かなり 有名になっていたそうです。

本格的な ジャズピアニスト(プロ)としての 彼女のキャリアは、
14歳で "The Orpheum Circuit" に迎えられ、その翌年には まだまだ小さなバンドだった
"The Washingtonians" のリーダーだった デューク・エリントンに誘われ、
一緒に 演奏するところから 始まっています。

・・・にしても、ここまで 独学。頼りは ラジオから流れてくる ブルースやジャズのみ。

きっと、今の時代のように 音源もすぐ簡単に入手できる、教えてくれる先生もいる、
教科書だって きちんと 揃っていて、音楽を勉強するための環境が整っている 恵まれた状態の
私達 若い世代のミュージシャンよりも、はるかに 音楽を 渇望なさっていたでしょうし、
その貪欲さが 彼女を どんどん のし上げて行ったのではないかと考えます。

こんな逸話が残っています。
夜中の3時、McKinney's Cotton Pickers と一緒に 出演していた Harlem's Rhythm Club に、
ルイ・アームストロングが ふらっと 入店し、彼女の演奏に 耳を傾けていました。
そして、その後 ルイが 彼女のところまで やってきて、キスしたそうです。

というわけで、彼女の人生を追っかけるより先に、
その ルイ・アームストロング の目に留まり キスしたくなった
彼女の魅力的な演奏を お聴きいただきたいと思います。

※ さすがに 子供の頃の映像は残っていませんでしたので、
  かなり大人になった彼女のソロ演奏です。

Mary Lou Williams / The Man I Love (1978)】



とても力強い演奏で 驚いた方も 多いのじゃないでしょうか。
それでいて、女性らしい柔らかさもあり チャーミングな音に 耳が釘付けになりました。
私も すぐに 駆け寄って キスしたい気分です。


彼女は 特出した才能だけでなく、魅力の持ち主でもありましたので、
その後、結婚したり 離婚したり 結婚したり 離婚したり 結婚したり 離婚していますが、
(この辺り 中略 です)
その間にも、演奏家としてだけでなく、作曲家としても デューク・エリントンや
ベニー・グッドマンから 評価され、スウィング時代を代表する 作曲家と認められました。

1940年代には、ニューヨークに移り住み、若いミュージシャンの為の
ジャズ ワークショップを開くようになり、そこに集まるようになった
ディジー・ガレスピー や セロニアス・モンク、そして チャーリー・パーカーと
いった 新しい ジャズ、ビバップ の先駆者達 の先生となります。

もちろん 彼女自身も 彼らから刺激を受け、ビバップ、ハードバップ、そして
フリージャズへと、演奏スタイルを ブギウギ、ブルース や スウィング から
変えていくことにも つながりました。

その頃の 彼女の新しい試み、全て 女性のミュージシャンによるバンド、
Mary Lou Williams's Girl Stars の "He's Funny That Way" を どうぞー。

Mary Lou Williams / He's Funny That Way (1946)】

Mary Osborne (vo) Mary Lou Williams(pf) Bridget O'Flynn(vib) Bea Taylor(b)



レコードの雑音が 心地よいです。


ご紹介したい曲は いっぱい あるのですが、
これは はずせないっ! というものだけを ピックアップすると、
まず 最初に 思い浮かぶのは、1963年のリーダーアルバム 'Black Christ of the Andes' です。

ゴスペル色の強いアルバムで、「ゴリゴリのジャズは ちょっと・・・」 という
ブルースや ソウル好きな方には 断然 お勧めです。

Mary Lou Williams / Anima Christi (1963)】



やはり ゴスペルは アフリカンアメリカンである 彼女のルーツなんでしょうね。


'Black Christ of the Andes' のCD復刻版に 収録されている "Koolbonga" は、
レイ・チャールズの "What'd I Say"っぽい、R&B+ジャズ で、とっても 格好良いです。

Mary Lou Williams / Koolbonga (1963)】




彼女の作曲による この "The CREDO" も、大変 ファンキーで、ソウルフル!
「こんなのも ジャズなの!?」と 驚かれる方も いらっしゃるかもしれませんが、
一時期 8や16ビートの ジャズ ファンクと呼ばれるものが 大変 流行しました。

Mary Lou Williams Quintet / The CREDO




そして、続いては、1974年のリーダーアルバム 'Zoning' から、
私の大好きなナンバー、"Gloria" を お楽しみください。

(CD復刻版の 'Free Spirits' にも ボーナスとして収録されています)

Mary Lou Williams / Gloria(1974)】



明るい希望を胸に、いつか栄光を! と感じさせる メロディーラインが
印象的ですが、「ベースを強調しすぎ」という 批判も多かった作品です。


本日の締めとしては、1971年のリーダーアルバム 'Nite life' より、
ブルージーで リリカルな、彼女の ピアノソロ を 堪能していただきたく、
"What's Your Story, Morning Glory" を。

Mary Lou Williams / What's Your Story, Morning Glory(1971)】




彼女は、1981年に 腎臓癌でお亡くなりになったのですが、
最後の言葉が 「I did it, didn't I?」(私、やり遂げたわよね?)だったそうです。

彼女と、ジャズの先人達に 感謝!


◆ ランキング参加中 ◆

FC2 Blog Ranking
ブログセンター ランキング
にほんブログ村 ランキング
Blogram Ranking
スポンサーサイト
テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽
今回は まず 本題に入る前に 「ケニーなんとかさんシリーズ」 の締めとして、
シリーズファイナルに ふさわしい "Kenny & Kenny" という曲から はじめましょう。

Clarke Boland Big Band featuring Kenny Clare / Kenny & Kenny




えー、そして ここで 一旦 ケニーさんには お引取り願いまして・・・。

前回が 耳がすべる 余りにも 美しい イージーリスニング過ぎましたので、
ちょっと 汚く(失礼!) ゴリっと骨のある ジャズが ききた~いっ!
という方のために、こんな サックス奏者は いかがでしょうか。

Sahib Shihab (サヒブ・シハブ) 1925年 ジョージア州サバナ生まれ

アルトサックス奏者として、13歳の時から プロとして活動をはじめ、
(1947年までは 本名の Edmond Gregory で クレジット)
Sahib Shihab に改名直後辺りから、セロニアス・モンクのグループに加入し、
一連のブルーノートレーベルの録音にも サイドマンとして 参加しています。

1950年代のはじめには、ディジー・ガレスピー楽団に誘われ、
アルトサックス を バリトンサックスに持ち替え 参加、
そして、1957年に Herbie Mann をソリストに迎えた
初のリーダーアルバム 'The Jazz We Heard Last Summer' をリリースします。

というわけで、まずは そのアルバムの中から、
Herbie Mann の参加していないw バラードナンバー
"The Things We Did Last Summer" を どうぞー。

Sahib Shihab / The Things We Did Last Summer (1957)】

Sahib Shihab (bs)  John Jenkins (as)  Clifford Jordan (ts)
Hank Jones (pf)  Addison Farmer (b)  Dannie Richmond (ds)
 


ハンク・ジョーンズのソロが 美しいですねー。


そして、同じ 1957年には、ジョン・コルトレーンのアルバム 'Coltrane' に
サイドマンとして バリサクで 参加しています。
そのアルバムからは、"Chornic Blues" を どうぞー。

John Coltrane / Chornic Blues (1957)】

John Coltrane(ts) Sahib Shihab(bs) Johnny Splawn(tp)
Mal Waldron(pf) Paul Chambers(b) Albert "Tootie" Heath(ds)




同じく1957年に ビル・エバンスを迎え リーダーアルバム 'Jazz Sahib' を、
そして、少し間が空きますが、1963年には Niels-Henning Orsted Pedersen や
Alex Rielを迎え 'Conversations' を リリースします。

その空白期間に 何をしていたかというと、1959年に クインシー・ジョーンズと共に、
ヨーロッパツアーに出かけ、そのまま 例の ミュージシャン大移動に乗っかり、
スカンジナビアに 一旦は 住まいを構え 落ち着きます。

そして 一番最初に ご紹介した、ヨーロピアンジャズ のビッグバンド、
Clarke Boland Big Band に 1961年から 参加することになります。
(ドラムの Kenny Clarke と ピアノの Francis Boland が リーダー)

若干の変動はあるものの、その主なメンバーは 以下の通り。

[Trumpets]
Benny Bailey、Jimmy Deuchar、Dusko Gojkovic、Shake Keane

[Trombones]
Ake Persson、Nat Peck

[Saxophones]
Derek Humble (as) Carl Drevo (ts) Sal Nistico (ts) Sahib Shihab (bs, fl)

[Rhythm]
Francis Boland (pf) Jimmy Woode Jr. (b) Kenny Clarke (ds) 
Fats Sadi (perc) Milt Jackson(vib)

では、その Clarke Boland Big Band の 1966年のアルバム 'All Smiles' から、
軽快な スウィング ワルツ "By Strauss" を お楽しみください。

Clarke Boland Big Band / By Strauss (1966)】




このビッグバンドには、一時的にですが、アート・ファーマー、ズート・シムズ、
スタン・ゲッツ、ジョニー・グリフィンをはじめ 多数の有名ミュージシャンも 参加しており、
編曲や構成も含め、良い作品(アルバム)が 多く残っているのですが、
中でも 1969年の 'More Smiles' というアルバムは、なじみのある ジャズ スタンダード の
名曲ばかりを集めたアルバムですので、ジャズ初心者の方には 大変お勧めです。


そして、CD復刻版(しかも 2枚組み!)Sahib Shihab 名義のアルバム 'COMPANIONSHIP' には、
Clarke Boland Septet の アルバム 'Swing In Bahnhof' が 丸々収録されています。

あら、奥様 これは お得ですわ♪

というわけで、その中から 超格好良い "OM MANI PADME UM" を どうぞー。

Clarke Boland Septet / OM MANI PADME UM (1968)】

Sahib Shihab(fl、bs) Benny Bailey(tp) Ake Persson(tb) Milt Jackson(vib)
Francy Bolan(pf) Jimmy Woode(b) Kenny Clarke(ds) Fats Sadi (perc)



スパイアクション物みたいだ。


Clarke Boland Big Band 活動中でも リーダーやサイドマンとして 何枚かのアルバムを
リリースしていますが、1964年の リーダーアルバム 'Summer Dawn' は、
Clarke Boland Big Band のメンバーだけで 録音されているので、
とても まとまりのある作品に仕上がっています。

その中からは、"Please Don't Leave Me" を どうぞー。

Sahib Shihab / Please Don't Leave Me (1964)】

Sahib Shihab(as) Ake Persson(tb)
Francy Boland (pf) Jimmy Woode (b) Kenny Clarke (ds)




アルトサックスに始まり、バリサク、そして フルートと、度々 持ち替え
ジャズミュージシャンとしてのキャリアを 確実に重ねてきた Sahib Shihab ですが、
1971年のリーダーアルバム 'Sentiments' では、ソプラノサックスも 披露しています。

Sahib Shihab / Rue De La Harpe (1971)】

Sahib Shihab (ss)
Kenny Drew (pf) Niels Henning Orsted Pedersen (b) Jimmy Hopps (ds)



ケニーG と 同じ楽器の音とは 思えないくらい 骨ばってますなぁ。


というわけで、希望通り 汚く骨ばったフルートを がっつりと聞かせてくれる
'Sahib Shihab And The Danish Radio Jazz Group' より、
"Harvey's Tune" で 本日の Sahib Shihab 特集を締めたいと思います。

Sahib Shihab And The Danish Radio Jazz Group / Harvey's Tune(1968)】



ぶるるるるるるるる~っ!


Sahib Shihab は、1973年に 一旦 アメリカへ帰国ましたが、
その後も NYとヨーロッパを 何度も 往復しました。
彼は、ヨーロッパでの ジャズ文化 定着/発展に 大きく貢献した ミュージシャンの一人です。


◆ ランキング参加中 ◆

FC2 Blog Ranking
ブログセンター ランキング
にほんブログ村 ランキング
blogram ranking
テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽
夢を見た。

というか、「頑張ります」とか言っておきながら、
顔が濡れて 力がでなぁ~い 状態で、なにげに 40時間くらい 寝てしまったので、
夢も 豪華 7本立て くらいは 見てしまっているのだけど、今朝方 見た夢は 凄かった。

いつもは オールカラーなのに、今回の夢は 珍しく モノクロ。

見覚えがあるようで ないような 人っ子一人居ない 静かな町並みを 一人で歩いていると、
目の前に いきなり ズゴゴゴゴゴゴ という感じで、閻魔大王様が現れた。
(閻魔大王様なんだけど、見た目は 山門にいらっしゃる 仁王様)

「うお、でっけぇぇぇーっ!?」と 思った瞬間、その大きな足が 振り上げられ、
私の頭を "ぷちゅっ" と 踏み潰した。

この瞬間に、「はっ!?」っとなって 目が覚めたわけなんだけど、
いやぁ~、息を吐くかのごとく 嘘をついているバチが あたったというか、
嘘ばっか ついてちゃ いけないなーと、深く 反省中でございます。
過去の嘘も含めて、どうぞ お許しください。

しかし、"ぷちゅっ" というのが 妙にリアルでねぇ・・・。

でも、良く考えたら、閻魔様は 舌を抜くんですよね。
舌は 今のところ 大丈夫です。はい。
よって、今日も 楽しく 歌う事ができましたー!

わーいわーい。


【1st SET】

Teach Me Tonight
Dindi
But Not For Me

【2nd SET】

おいしい水
I've Got The World On A String
I'm Just A Lucky So And So


と、喜んでいる場合ではなく、「もっと歌いたかった」「もっともっと歌えるはず」という
心残りな気持ちが めちゃくちゃ あるというのは、いまひとつ よろしくないよなーと。

無我夢中で 180%出し切りました、おういえー! という充実感も欲しいし、
集中しながら 冷静に 的確に 自分の声を コントロールもしたいし、
その両立が出来る実力が 今一番欲しいかなぁ。

緊張感が足りないといってしまえば それまでなんだけれど、
緊張しながら 頑張ってしまうと ノリは良くても 音がフラットして、
聴くに堪えない歌になることは 確認済みだしなー。
その辺を克服しないと、やっぱ 一流には なれないんだろうなー。

んまっ、とりあえず 寝すぎです。
もっと がんばりましょう。


◆ ランキング参加中 ◆

FC2 Blog Ranking
ブログセンター ランキング
にほんブログ村 ランキング
blogram ranking
テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽
5月 出演スケジュール                - 2010/05/05 更新 -

Date      Place                     Music Fee    Time

5/08(土)  AFTER DARK (都留市)           \ 0         21:00~ 22:00~

5/09(日)  富士五湖ジャズフェスティバル    
         国際ホテル 鐘山苑 (富士吉田市)              18:00~

5/20(木)   ジャズ喫茶 MEG (武蔵野市吉祥寺)  \ 2500      19:30~  3 SET

5/22(土)  プライベートパーティー(上野原市)   詳細確認中

5/29(土)  AFTER DARK (都留市)           \ 0         21:00~ 22:00~


お友達、ご家族、ご親戚、お隣近所 お誘い合わせの上、是非 遊びにいらしてください。
お待ちしております。

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽
シリーズ化してしまった「ケニーなんとか」さんですが、
今回は 息抜き&手抜きを兼ねて、ひょっとしたら 需要があるかもしれない
スムース ジャズの第一人者といっても良いであろう サックス奏者を。

Kenny G (ケニー・G) 1956年 ワシントン州シアトル 生まれ

んー、私にとって ケニー・G は、クリスチャン・ラッセンの絵みたいなもので、
新作がでたところで、やっぱり ラッセンね、ふ~ん くらいの扱いで、
悪いとは思いませんし、美しいとは思いますが、正直 あまり 興味がありません。

ひょっとしたら、名前が ケニー・G♭ だったら、少しは 興味が出たのかもしれませんが・・・。

でも、「付き合ってください」と 交際を申し込まれたら、付き合うかもしれませんw
(地球が滅んでも そんな展開には ならねぇーよっ!)

まぁ、とりあえず、切っても切っても 同じ顔が出てくる 金太郎飴のような
ケニー・G の音楽で、これなら 聴けるなー というものを 選んでみました。


ブルージーなのに、物凄く さわやかな "Summer Time" を どうぞー。

Kenny G / Summer Time



綿花畑で労働しているお母さんの代わりに 子守をしている、というより、
お父さんは 自称プロサーファー、お母さんは クラブ通いの好きな元アイドル(!?)
という雰囲気ですって、それはそれで、かなり ダークですね・・・。


そして、これは アレンジも 雰囲気も かなり 気に入ってます。
ボサノバの "Desafinado" を どうぞー。

Kenny G / Desafinado



心地よいですなー。


本日の締めは、映画タイタニックのテーマ曲を どうぞー。

Kenny G / My Heart Will Go On




勝手な想像ですが、あまり 苦労を知らずに 育った方なのかな と思ってます。
音楽に対する 渇望が見えないというか、ガツガツしていない、
そんな余裕が 素直で 綺麗な音に つながるのかな~? とか。

きっと 心の広い 優しい優しい方なんじゃないかなって。

因みに、彼は 1997年に 循環呼吸による「最もロングトーンを出すサックス奏者」として
そして 1999年には 「累計アルバム売上枚数の最多 ジャズ アーティスト」として
ギネスブックに認定/掲載されています。それが どうしたって話ですが、まぁ 豆知識として。

うん、やっぱり 「交際してくれ」って言われたら 付き合っちゃうな。
(だから、それは ないっ!)




◆ ランキング参加中 ◆

FC2 Blog Ranking
ブログセンター ランキング
にほんブログ村 ランキング
blogram ranking
テーマ:YouTube動画 - ジャンル:音楽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。