かなり楽しく歌います

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いやぁ~、暑い日が続いてますね。(あっ、これって デジャブ?)(ちげぇーよ!www)

もう、あまりに暑すぎて、なまこのほうが 活動的じゃないかと思えるほど
日中は まったく 動かない、なまこ以下の私です。
すっかり、寝る間もおしんで、寝てるって感じですね。

私だけが調子が悪いのではなく、PCのご機嫌も 大変 悪くて、
30分ぐらい使用すると、"クヒョッ クヒョッ クヒョッ クヒョッ" と 音を立てるようになりました。

ええ、やばいです。 すごく やばいです。

さて、そんなこんなで更新が遅くなりましたが、当ブログに よくお越しくださる
キッツCatさんのブログにて、とても 素敵なジャズ動画のご紹介がありました!

キッツCatさんの愛猫、 みうちゃんによる "ニャマータイム" です。

こちらのブログで ご紹介した エラ&ルイによる "Summertime" と一緒に、
みうちゃんが、歌ってくれました♪

まさに、スキャット!

いつもお世話になっている ジャズバー AFTER DARKさんの看板猫 モンクちゃんも、
時折 素晴らしいタイミングで、「みゃぁ~お!」 と、合いの手を入れてくれるんですよ。

ニャンズも 音楽が好きなのかも?
その割に、うちの ジャズ という名前の猫は、全く 反応してくれませんが・・・。

そういえば、どこかの牧場で 乳の出をよくする為に、毎日 牛達に
クラシックを聞かせている(牛舎に 流している)という話を 聞いた事がありますので、
ジャズに 反応しなくても クラシックや、ひょっとしたら ロックとか、演歌とか
別のジャンルで 一緒に 歌ってくれるかもしれませんね。

・・・とかいって、浪曲に 反応してもらっても、それはそれで 困っちゃいますが。

んまっ、いろいろ 試してみましょう。
何か 変化があったら また ご紹介しますね。


というわけで、ここからは 出演後記を。

7/19(祝)は、都ゴルフ倶楽部さんにて 歌わせていただきました。
「ゴルフ場で!?」と 思われた方も いらっしゃるかもしれませんが、
こちらのクラブハウスは、円形で 三階までの吹き抜けという、
コンサートホールのような 構造になっており、(すごく 素敵ですよー)
定期的に クラシックや ジャズのコンサートが 行われているのです。

支配人をはじめ スタッフの皆様も とても にこやかで 暖かく、
いつも 気持ちよく 歌わせていただいてます。

感謝!

It's Only A Paper Moon
Our Love Is Here To Stay
As Time Goes By
Cheek To Cheek

Dindi
Fly Me To The Moon
So Danco Samba
Cry Me A River
Wrap Your Troubles In Dreams


7/24(土)は、After Darkさんにて、もう 恒例になりました
都留ジャス倶楽部さんとの ジョイントライブでした。

「今夜は カレー♪」 と 伺う前から 楽しみで 楽しみで 仕方ありませんでした。

というか、カレーって どうして こんなに 心躍るんでしょうね。
ほんと 世界文化遺産に 認定してもらいたいくらいだ。

ママのカレーは これまた 格別に 美味しくって、まさに 幸せの絶頂!

笑いあり 涙ありの(松竹新喜劇かっ!?) 素敵なライブになりました。
ありがとうございました。

【1st SET】

Shiny Stockings
Misty
But Not For Me

【2nd SET】

Sentimental Journey
I've Got The World
I'm Just A Lucky So And So

スポンサーサイト
テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽
いやぁ~、蒸し暑い日が続いてますね。

湿気にも弱いけれど、暑さには もっと 弱い 元プリンセスな私(誰!?)は、
このところ、再び 布団の住民化しつつあります。
もうね、くたり具合が 腐りかけのもやし みたいになってるんですよ。

さて、こんな気分の時は、この方の 澄み切ったジャズは いかがでしょう。

Blue Mitchell(ブルー・ミッチェル) 1930年 マイアミ フロリダ州生まれ

本名は、リチャード・ミッチェルといいますが、トランペットを始めた
高校時代には、既に 「ブルー」と 呼ばれていたようです。

高校卒業後、プロのミュージシャンとして 活動をしていたところ、
キャノンボール・アダレイに 見初められ、1958年には 共演し
リバーサイドレーベル にて アルバムを録音しています。

そして、同年、ピアノの ホレイス・シルバー・クインテットに加入し、
ジャズミュージシャンとして 本格的なキャリアを スタートさせます。

彼の面白いところは、そのジャズミュージシャンとしてのキャリアが始まった
1958年、初のリーダー作を 録音しているのですが、
そのタイトルが 'Big 6' (ババーン!)

いやぁ~、新人、そして リーダーデビューにして 'BIG' ですからね。

自信もあったのでしょうし、大きな夢もあったのでしょうし、
なにより 若かったということもあるでしょう。

その昔、俳優の吉田栄作が アメリカへ 修行へ行く時に
「ジャンボになって 帰ってきます。」と にこやかに 言って 去ったらしいです。

・・・関係ないっすね。

ということで、前置きは これくらいにして 彼の音を 聴いていただきたいのですが、
今回の順番は 年代を追って ではなく、私が 聴きたい順 ということで。

まずは、1960年のリーダー作 'Blue's Moods' を ご紹介します。

このアルバムには、'Big 6' で 共演した ウィントン・ケリー と、
まかせて 安心、ベースのサム・ジョーンズ が 参加しています。

ブルー・ミッチェルは 帝王マイルスのような カリスマ性も ありませんし、
華のあるスタープレイヤー というタイプでもありません。

ですので、このアルバムも そういう意味では ガッツリ感もありませんし、
ゴリゴリ感も 全く ないのですが、「ジャズのコンボとは こうあるべきだ」という
お手本のような バランスの良い アルバムに仕上がっています。

悪く言うと、面白みに欠ける、はじけてない、新しさがない のですが、
音の素直さ、心地よいスウィング感、フレーズの素晴らしさには、耳を奪われます。

お勧めなのか お勧めしてないのか わからないコメントになりましたが、
私は、購入して 損はない と 断言できますよっ!

このアルバムからは、どこか懐かしい "I'll Close My Eyes" を どうぞー。

Blue Mitchell / I'll Close My Eyes (1960)】

Blue Mitchell(tp)
Wynton Kelly(pf) Sam Jones(b) Roy Brooks(ds)



なんていうんでしょう、この安心感? みたいなもの。
危険な香りがする異性に 魅力を感じていたけれど、実際付き合ってみると
疲れきって、優しくて暖かい家庭的な相手と 結婚しました、みたいな。


さて、ホレイス・シルバー・クインテットを 脱退した後、
1964年から 新人の チック・コリアを ピアノに迎え 自己のクインテットを結成し、
約5年に渡り 活動し、その間 7枚のアルバムをリリースしているのですが、
その中からは 1964年のアルバム 'The Thing To Do' を。

このアルバムは、ブルーノートレーベルらしい ジャケットで、
お部屋のインテリアとしても お薦めです。(いやいやいやいやwwwww)

このアルバムも、アンサンブルのお手本のような仕上がりになっおり、
いたって 普通のジャズアルバムではあるのですが、
実は 何気に 皆さん 小技を きかせまくっているので、
大変 聴き応えのある作品だと思います。

名盤扱いは 残念ながら されていませんが、何度も何度も 聴きたくなる、
そして 聴いていて 疲れない、そんな アルバムから
タイトルにもなりました "The Thing To Do" を どうぞー。

Blue Mitchell / The Thing To Do (1964)】

Blue Mitchell(tp) Junior Cook(ts)
Chick Corea(pf) Gene Taylor(b) Aloysius Foster(ds)



「普通」に 特化すると 凄いんだなー と。
・・・ って これまた わけのわからない 表現ですよね。すみません。


ここで、一曲 バラードを。

1959年のアルバム 'Blue Soul' には "Polka Dots And Moonbeams" という、
テナーと ボーンの入った素晴らしいバラードが 収録されていますが、
そのアルバムからは、"Park Avenue Petite" を。

Blue Mitchell / Park Avenue Petite (1959)】

Blue Mitchell(tp) Curtis Fuller(tb) Jimmy Heath(ts)
Wynton Kelly(pf) Sam Jones(b) Philly Joe Jones(ds)



ウィントン・ケリーのソロに 思わず、う~ん・・・ と 唸ってしまいました。
こういうことを 普通に出来るって 凄いな~ と。


自己クインテット前身となる 1962年のアルバム 'The Cup Bearers' では、
テナーとの 素晴らしいアンサンブルが 聴く事ができます。
その中で 秀逸なのが 一曲目に収められた こちらの "Turquoise" です。

Blue Mitchell / Turquoise (1962)】 

Blue Mitchell(tp) Junior Cook(ts)
Cedar Walton(pf) Gene Taylor(b) Roy Brooks(ds)



個人的には、ロイ・ブルックスのドラムが 非常に好みです。
地味とか 言わないでくださいよー。


ちょっと ここで 雰囲気を変えましょう。
晩年といっても 彼は 若くでなくなっているので、
ファンキーで ノリノリな作品が 多く残っているのですが、
その中から とっても 懐かしいサウンドは いかがでしょう。

1973年には、'The Last Tango = Blues' という、ディスコサウンドを前面に押した
アルバムが リリースされていますが、("Last Tango In Paris" が 収録されています)
同年リリースされた 'Graffiti Blues' から、"Dorado" を どうぞー。

Blue Mitchell / Dorado (1973)】



他のジャンルの音楽から ジャズに転向という方は 多いのですが、
彼の中に流れる、ソウルミュージックへの想い というのは
特別な何かが あったのでしょうね。
とても 丁寧に 吹いてらっしゃるなー と 感じました。


さて、本日の締めは、冒頭でもご紹介しましたが、
1964年の ジャズのお手本アルバム 'The Things To Do' の中から。

一曲目に 収録されています、明るく楽しい "Fungii Mama" を どうぞー。

Blue Mitchell / Fungii Mama (1964)】

Blue Mitchell(tp) Junior Cook(ts)
Chick Corea(pf) Gene Taylor(b) Aloysius Foster(ds)




ブルー・ミッチェルは、1972年頃より ソウル・ファンク・ロックのアルバムに
多数参加していますが、最晩年には やはり ジャズのアルバムをリリースしています。
そして、1979年、ロスアンゼルスの病院で、肺がんにて 他界。 49歳でした。

人々から愛される最大の理由は、彼の「普通さ」にあったのかもしれません。

高級レストランより、近所の定食屋。
サーロインステーキより、肉じゃが みたいな。

毎日のように、何度も食べても 飽きがこない「普遍さ」が、
彼の素晴らしさなんだろうなー と思います。


◆ ランキング参加中 ◆

FC2 Blog Ranking
ブログセンター ランキング
にほんブログ村 ランキング
Blogram Ranking

ブログ更新の励みになりますので、応援のクリックを 何卒 よろしくお願いします!
テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽
麻薬のように癖になる音楽 というのが 存在していて、
好き嫌いは別として、気がつくと フンフフーン♪ と 口ずさんでいたり、
脳内を ぐるぐるぐるぐる 何度も何度も リピートしてしまったりする。

このところ 私の脳みそを 侵食しているのが こちら。

Sugar Hill Gang / Apache(Jump On It!)



最初に使われているのは 映画 "Three Amigos"(邦題:サボテンブラザーズ)のシーン。

その次に出てくる2人組は、アメリカのシットコム(笑い入りのコメディーホームドラマ)
"Fresh Prince of Bel-Air" より、Fresh Prince こと ウィル・スミスと
右側が カールトン・バンクス役の Alfonso Ribeiro。

このカールトン君の子供の頃の映像が こちら。



Alfonso Ribeiro は MJ役の子供だったのだー。
面影があるような ないような。

MJの笑顔が まぶしいね。
今も ちょっと 辛いやー。

ということで、もういっちょ フンガ フンガ フンガ フンガ!

Sugar Hill Gang / Apache(Jump On It!)




たぶん これをご覧になった皆さんの頭の中でも 数週間、
この曲が 流れ続けることでしょう。フンガ フンガ フンガ フンガ!


フンガ フンガ フンガ フンガ は いいのだけど、このところ 自分の歌への不満が
どんどん 溜まっていて、結構 本気モードで 勉強やら 練習やら しているのだけど、
すればするほど わからなくなってくるもので、またもや 迷走モード突入。
自分をみつける というのは やはり 容易なことではありませぬなー。

あー、もっと 時間が欲しいなー。

まっ、こういうのが 一生続くんだ とは 思っているのだけど。
「今出来る、最高のものを」というのが 当面の課題かな。

がんばろっと。


【1st SET】

Let There Be Love
Summer Samba
Cheek To Cheek
Tenderly
Day By Day

【2nd SET】

All Of Me
The Nearness Of You
Lullaby Og Birdland
Wrap Your Troubles In Dreams
As Time Goes By

【3rd SET】

Just Squeeze Me
Desafinado
Confirmation
My Funny Valentine
Bye Bye Blackbird

いつも 楽しいお話で 元気付けてくださる ママ、ありがとうございました!


◆ ランキング参加中 ◆

FC2 Blog Ranking
ブログセンター ランキング
にほんブログ村 ランキング
Blogram Ranking

ブログ更新の励みになりますので、応援のクリックを 何卒 よろしくお願いします!
テーマ:YouTube動画 - ジャンル:音楽
低気圧にも弱いけれど、暑さには もっと 弱い私に、
今 必要な動画は これなんです。

ええ、例の如く、ジャズじゃありません。

なんの捻りも、オチもなく、ただただ "水物" です。
よかったら 皆さんも 涼んでいってください。


まずは、入眠効果抜群の映画 "Deep Blue" より、イルカ+魚+くじらのシーンを。
 
 ※ この映画を 全編見ようと すでに 8回ほど 挑戦しておりますが、
   必ず 途中で 寝てしまっています。"Deep Blue" 恐ろしい子・・・。
   不眠で お悩みの方は 是非 お試しください。

Dolphins From "Deep Blue"




世界最大級のドバイショッピングモール内にある水族館。
お買い物ついでに 水族館とか、楽しすぎますよね。

The Aquarium at Dubai Mall



アラブ首長国連邦って、油より 水のほうが 高いんじゃないの!?


まったく知りませんでしたが、世界で二番目に大きいタンクを所有しているのが、
沖縄にある、こちらの 美ら海水族館のようです。 ※ 現在は 世界三位みたいです。

the Okinawa Churaumi Aquarium




どうやら 世界で一番大きいタンクを 所有しているのが、
こちらの アトランタの水族館のようです。面倒なので ぐぐっていませんが。

Georgia Aquarium



※ ぐぐってきましたw
  屋内の水槽の保有量(大きさ)ランキングです。

   1.ジョージア水族館(アメリカ)(2005年) ………水量 23,500t
   2. ドバイ水族館(アラブ首長国連邦)(2008年)…水量 10,000t
   3. 沖縄美ら海水族館(日本)(2002年) …………水量 7,500t
   4. リスボン水族館(ポルトガル)(1998年) ………水量 6,000t
   5. 海遊館(日本)(1990年) ………………………水量 5,400t


壮大な音楽の割りに、ずーっと くらげw

くらげ




あー、くらげ になりたい。


◆ ランキング参加中 ◆

FC2 Blog Ranking
ブログセンター ランキング
にほんブログ村 ランキング
Blogram Ranking

ブログ更新の励みになりますので、応援のクリックを 何卒 よろしくお願いします!
テーマ:癒し・ヒーリング - ジャンル:心と身体
七夕で 星の歌特集をすると 思っていた方、はいっ! 残念!
私は 天邪鬼なので、星の歌特集は 他の方かがするんじゃないかと思いまして、
そのどなたかに 全てをお任せして、私は ブログを ごくごく 個人的に使用しますよー。

さて、本日は オーストラリア在住の ブロ友 Mck@au さんの 結婚記念日なのです!

日本から 近いようで 遠く離れた オーストラリアで
いくら 愛するご主人と ご一緒とはいえ、ご不安も多かったことでしょう。

同じ日本人同士でも 違う環境で育ったもの同士が 一緒に生活するのは 難しいのに、
言葉や考え方、そして 恐らく 髪の色も 目の色も違う お相手とのご生活、
ご苦労の連続だったんじゃないかと 思います。

数々を 乗り越えられて、本日 7回目のご結婚記念日、おめでとうございます!

というわけで、私からの プレゼント その1 は、ご結婚なさった当日の
初々しさ 晴れやかさ や 幸せな気分を 思い出していただけるよう、
「結婚行進曲 の ジャズアレンジ ver.」です。

Wedding March Jazz




続きましては、お二人で 踊っていただける音楽を ご用意いたしました!

まずは、Peggy Lee の "I Love Being Here With You!" という、
とっても チャーミングな曲ですよー。

Peggy Lee / I Love Being Here With You!



「何をしていても やっぱり 私は あなたと一緒に居るのが 一番 好き!」
という 単純明快で ハッピーな曲です。


さて、続いては、チークタイム!(ちょっと 早いですが・・・)
以前にも 特集しましたが、ドリス・デイ の "Day By Day" です。

「日に日に、あなたへの 愛がつのっていくわ。
 私達の愛に 終わりはないのよ。
 私は あなただけのものと 知っていて欲しいの。
 これから 何年も 何年も ずっと 一緒に居ましょうね。」

Doris Day / Day by Day



いや~ん。
もう、就寝準備 完了ですか? ですか? ですか?(興奮しすぎだろっ!)

どうか これからも 末永く お幸せに!
そして、おやすみなさい。むふっ。


というわけで、本日のおまけ動画。

披露宴ではなく、結婚式にて 教会への入場での 一コマ。

JK Wedding Entrance Dance



途中で 転がり出てくるのが 今回の新郎。
恐らく 何かの事情で 新婦のお父様が 一緒に歩けなかったからの演出じゃないでしょうか。

こういう ハッピーな結婚式も いいものですね。
ちょっと、涙がでました。


◆ ランキング参加中 ◆

FC2 Blog Ranking
ブログセンター ランキング
にほんブログ村 ランキング
Blogram Ranking

ブログ更新の励みになりますので、応援のクリックを 何卒 よろしくお願いします!
テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。