かなり楽しく歌います

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本日のテーマは、"お子様 なめんなっ!" ということで、
インド人もびっくりの 相当凄い 歌うお子様特集です。

まずは、ジャズ界から Nikki Yanofsky(ニッキ・ヤノフスキ) 1994年 生まれ。
もう、1994年生まれっていう時点で、なんだか 不思議な感じがするんですが・・・。

彼女が 12歳の時の まだ 若々しい(笑)動画からご覧ください。

【Nikki Yanofsky / It Don't Mean A Thing】




そして、2年後の 14歳には こんなことになっちゃってます。

【Nikki Yanofsky / Montreal Jazz Festival ハイライト集】



14歳で もう 既に この表現力は、いかんだろう・・・。
いや、いいんだけど、ってか 凄いんだけど。


続きましては、フィリピン出身1993年生まれの Charice Pempengco (チャリス・ペンペンコ)

フィリピンでは 小学校一年生から(早いと幼稚園から)英語教育を行っているので、
もちろん イギリス/アメリカなどのネイティブとは 少し違うのですが、
英語がきちんと話せるところが、アジアだけでなく、イギリス・アメリカ進出も
それほど 障害がなかったのではないかと思います。

彼女は YouTube で自分のチャンネルを持っておられるので、
ご興味をもたれた方は 是非 訪れてください。

彼女が 韓国の番組に出演された時の動画です。

【Charice Pempengco / And I'm Telling You】




そして 15歳の時に アメリカの有名テレビ番組 オプラショーの映像がこちら。

【Charice Pempengco / I Have Nothing】



ナッシンパワー炸裂してます。
彼女は、セリーヌディオンをはじめ 有名歌手との共演後、
アメリカでメジャーデビューを果たされました。


ちょっと 力が入りすぎたので、つづいては天使の歌声を。
当時 13歳の内気な少年 Andrew Johnston (アンドリュー・ジョンストン)

彼は 学校で "お前の歌は気持ち悪い" と いじめられていたそうです。
「いじめられて どう思った?(どう対処するの?」という質問に、
「歌い続けるだけだよ」と 答えた彼は、本当の勇気の持ち主だと思います。

【Andrew Johnson at Britain's Got Talent】



彼は イギリスにて アルバムデビューされました。

14歳の誕生日を一週間後に控えた その後のテレビ番組出演時の映像です。
デビューアルバムの中から "Make Me A Channel Of Your Peace"

【Andrew Johnston / Make Me A Channel Of Your Peace】



いやぁ、本当に 心が洗われる思いがします。
男の子なので、声変わりなど これから 変化があるとは思いますが・・・。


彼らには、天才歌手とメディアなどで一時的に騒がれることに踊らされることなく、
真っ直ぐに成長し、音楽を愛し、歌い続けて欲しいと願っています。

まだまだ ご紹介したい動画もあるのですが、第一弾ということで、
今日のところは この辺にしといたるわ。(何故か 急に 池乃めだか風味)

テーマ:YouTube動画 - ジャンル:音楽
コメント

お子様とはいえ、すごい人はいるもんですね。
本当になめんな!とか侮れないとかのレベルではなくて普通にすばらしいと思います。
2010/01/20(水) 00:29:01 | URL | いちごとみるく #-[ 編集 ]
Re: タイトルなし
>>いちごとみるく様

いつも ご訪問とコメントをありがとうございます。

ニッキさんなんか (現在)15歳なのに 堂々たるパフォーマンスで
ベテラン ジャズボーカルの域に 突入されてます。
本当に 凄いですよね。

個人的には、子供の時でしか楽しめないことも 沢山あるので、
早く大人になろうとしなくても 良いのではないかと 思ったりもするのですが、
彼らも 学校の中では 一 少年少女なのかもしれませんし、
まぁ、私が 彼らの将来を 心配することはないのですが、
一時期 もてはやされて その後 ドラッグに溺れ 歌えなくなった
元少女歌手(アメリカ人で 名前 失念)を 思うと、複雑な気持ちもあります。

でも、全般的に "子供は子供らしく" "まだ子供のくせに" "子供なのだから"
という 大人からの見方をするのではなく、
やはり 一人の人間として 同等に扱う/尊重する という態度は
(塾や家庭教師で)多くの子供さんと接してきて 必要だと感じています。

そういう意味で、「お子様 なめんな!」ということで。
2010/01/20(水) 08:22:35 | URL | Miwa De Luca #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://miwadeluca.blog61.fc2.com/tb.php/106-28069a1d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。