かなり楽しく歌います

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
宣伝することを すっかり忘れてしまっていた、「ジャズトレインで行こう!」

私にとって、このイベントの最大の山場は
集合時間が 朝 9:15 だったことでしょうか。

集合場所に到着すると、既に目の前には、
富士急行(株)さんのご好意により、特別車両が2両用意され、
前と後ろには、ジャズ列車の特別マーク(?)が掲げられていました。

実に格好良い!
鉄男大満足!

そして、取材陣(テレビカメラが3台+記者さん4~5名)がっ!?
「えー、テレビが入るなんて、聞いてませんよ~。」
それなら、ドレスを 美空ひばりデラックス不死鳥スペシャルにするんだったわ。

今回は、黒の総ベルベットの膝丈ドレスでした。

でもって、機材を積み込み、セッティング。
まず、ドラムセットの位置を決め、アンプ類を固定。
マイク等をPAにつなぎ、2両目に置いたスピーカーのサウンドチェックと、
準備を行っている間に 早くも 発車時刻となりました。

そして、いよいよ ジャズトレイン 出発進行!

ガタン! ゴトン!

「おおおおおおおっっ!?」

ある程度覚悟はしていたものの、想像以上に 揺れます。
これは、立って歌うのは 危険かもと判断し、
「座ったままで、失礼します。」と お断りを入れ、
座席に座ったまま 歌うことにしました。

因みに、トランペット・サックスの若者は 根性で 立ったまま演奏。

その根性、見習わなくてはなりません・・・ が 言い訳させていただくと、
とりあえず 電車ということで 低めのヒールにしたんだけど、
やっぱり 低いとはいえ ヒールは ヒールなので、
スニーカーの安定感とは 違うんですよ。
偉い人には、それが わからんのです。

電車は ガタンゴトン ゆっくりと、走っていきます。
こういう機会は 滅多にありませんから、
本当に 楽しかったです。

あっと言う間に 終点到着。
終着駅到着後も、残って 最後まで 演奏を
聴いていただいたお客様もいらして、本当に ありがたかったです。

ジャズトレイン 楽しんでいただけたでしょうか。

また、機会があれば 是非 演奏させていただきたいと思いました。
ジャズトレインが 「名物」になれば いいなー なんて。


そして、富士急ハイランドに移動し、
フードスタジアムにて、2ステージ 演奏。

フードスタジアムは、2階の吹き抜けになっていて、
音がまわるし、響くし、自分の声が 前から後ろから横から
跳ね返って聴こえてくるという、なかなか 難しい場所でした。

でも、演奏が終わると どこからともなく 拍手が聴こえてきて、
「あー、きちんと 聞いてくださっている方も いらっしゃるんだー」と、
お一人お一人のお顔は 見えませんでしたが、嬉しかったです。

また、働いている方も ご注文(接客)のお客様がとぎれると、
演奏に 耳を傾けてくださっていた様子でした。

とても 楽しく歌わせていただきました!
ありがとうございました。


次回は 是非 ハイランダーと共演したいですっ!




えー、ここから 反省会。

まず、電車のセッティングについて。
ドラムセットに関しては あの場所でよかったのだけど、
キーボードや フロントのマイクの位置などを もう少し工夫して
常に演奏する キーボード/ギター/ベースを 前にして
出番でない フロントメンバーが 後ろで待てるように
ステージっぽく めりはりのある セッティングをするべきでした。

MCについて。
今回の ジャズトレインに関しては、MCなしで
間をあけず どんどん演奏しちゃっても良かったのかもしれません。

「ジャズトレインだから 乗車した」というお客様も中には
いらっしゃったでしょうが、恐らく 大半の乗客は たまたま
遭遇してしまったという感じではないでしょうか。

そういう方にとっては、曲の紹介より、演奏演奏また演奏のほうが、
返って 楽しんでいただけたのではないかと思いますし、
間が空いた もたもたした雰囲気が ちょっと
だれてしまったんじゃないかと 感じました。

富士急ハイランド フードスタジアムでの演奏について。
演奏の内容に関して、また 演奏のクオリティーに関しては、
また 個別に説教するとして(嘘です)
朝からの疲れもあって、全体的に だら~ん
とした雰囲気が 漂っていました。

私達は 朝から 2ステージこなしていたとしても、
遊びにいらしてるお客様にとっては、初めての遭遇なのですから、
やはり 待っている間、演奏していない間も、
メンバーが ノリノリで 楽しんでいないと、
お客様も「ふーん」でしか ないと思います。

いや、まぁ、これは 私も含めての反省ですが。
やはり、控えの場所は 別に用意しておくべきでした。

せっかくいただいた機会を "次につなげる" べく、
ベストな演奏をするぞー! という気持ちが 大事だと思います。
そういう意味では、一回一回、一曲一曲が 勝負なんです。

「今日の演奏は どうでしたか?」

と 先生に尋ねるのではなく、自分自身に 問いかけてください。
もちろん、完璧はありませんし、あそこはこうしたかった
ああしたかった という思いは 常につきまといますが、
その前に、「実力を出し切ろう」「良い演奏をしよう」という
心構えで 演奏に望めていたか? そこが 大切だと思います。

少々辛口かもしれませんが(まぁ、それは いつものことですねw)
以上の反省点を 今後に活かし、より良い演奏が出来るよう、
また ジャズを楽しめるよう 一緒に 頑張っていきましょう。

また、仕事ください。
よろしくお願いします。ほんとに。まじで。

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽
コメント

やっぱり見に行けばよかった。
楽しそうで、伝わるものはあったと思います。
次は
「美空ひばりデラックス不死鳥スペシャル」でお願いします。
2010/01/25(月) 01:11:22 | URL | いちごとみるく #-[ 編集 ]
Re: タイトルなし
>>いちごとみるく様

いつも ご訪問いただき ありがとうございます。
ジャズトレイン、いつもの ライブハウスやジャズバーでの演奏と違い、
なごやかな 和気藹々とした のんびりとした雰囲気で、
本当に 楽しかったですよ~。

ハイランドさんでの演奏も、すぐ外のスケートリンクで
ハイランダーレッドとブルーが 滑っているのが見えたりして、
寒そうでしたが(実際 寒かったのですが)それも含め、
お祭り気分で とても とても 楽しかったです。

美空ひばりデラックス不死鳥スペシャルは、また 次回に!
コメント、ありがとうございました。
2010/01/25(月) 02:03:43 | URL | Miwa De Luca #-[ 編集 ]
 
ご活躍ですね^^
「ジャズトレインで行こう!」に参加したかったなぁ♪♪(*´▽`*)ノ
楽しそうな車内が目に浮かびます♪
乗車していたお客様は素敵な思い出になったでしょうね~
ジャズトレインが 「名物」になるよう私も願ってます(゚m゚*)

これ⇒http://www.47news.jp/CN/201001/CN2010012301000297.html
とは違うのかしら^^;
2010/01/27(水) 01:18:48 | URL | cafe #halAVcVc[ 編集 ]
Re:  
>>cafe様

いつも ご訪問をいただき ありがとうございます!
ジャズトレイン、本当に 楽しかったですよ~。
お客様の中には、神戸から富士山観光にいらした ご夫婦が、
(神戸は ジャズが とても盛んな地域です)たまたま ご乗車になり、
「ジャズが好きなので、驚きましたが、楽しかったですよ~。」と
取材陣にコメントなさっていたとか。

全国のニュースとして、結構 ネット上に流れているようで、
まさに、それです!

次回(があれば)は 是非 ご乗車くださいませ!
コメント、ありがとうございました。
2010/01/27(水) 05:05:10 | URL | Miwa De Luca #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://miwadeluca.blog61.fc2.com/tb.php/109-6c5403ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。