かなり楽しく歌います

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
たまには 日本のジャズプレイヤーのご紹介を、
と、思ったのはいいのだけど、最初に 思い浮かんだのが
梅津和時さん(サックス/クラリネット奏者)という・・・。

いや、全然 悪い事ではないんです。
むしろ、国際的に活躍なさっている、日本指折りのジャズミュージシャンです。

梅津和時さんは、RCサクセションのサポートメンバーとして
活躍なさってた時期もありますので、ご存知の方も 多いかもしれません。

しかし、梅津さんは もともと フリージャズの方で、
ジャズを 普段 あまり聞かない方にとっては、
というより 思いっきり普段 ジャズを聴いている私でさえ、
フリーは いまひとつ 乗り切れないものがあったりして、
どうなんだろうか・・・ と 自分でも ご紹介することに疑問を感じたのですが、
やはり、凄い人を ご紹介したいっ! という気持ちには 逆らえなかったので、
どちらかというと フュージョンっぽいものから ご紹介することにします。


まずは、大韓民国のミュージシャンとの共演映像を。

【Fusion Jazz Korea and Japan】

Umezu Kazutoki (as) Nam Kyoung Yoon (pf) Keisuke Ota (vl+vo)
Kim Hee Hyun (ds) Takeharu Hayagawa (b)



ドラムの方は、韓国では 相当人気のある 有名な方のようです。
音楽を通じての 日韓交流。
打ち合わせの時も 恐らく 通訳など 通さず、
「こんなかんじ~」で いけたんじゃないでしょうか。
そういう意味では、音楽は 世界共通語!



続いては、同じく どこかのフェスティバルの映像で、
ウェイン・ショーターとの共演です。
Mt.Fuji かなぁ・・・?

【Randooga New World Concept / Tanokuro-Bushi】

Masahiko Satoh (pf) Wayne Shorter(ss) Kazutoki Umezu(as)
Kohsuke Mine(ts) Ray Anderson(tb) Alex Acuna(ds) Takayashi Hijikata(g)
Akira Okazawa(b) Nana Vasconcellos(per) Midori Takada(per) 



ウェイン・ショーター 格好良いですね。


続いては、なんとなく ちょっと ほっとするというか、
懐かしい サーカスっぽい サウンドのライブ映像です。
サルガボというプログレバンド+梅津さんです。

【Salle Gaveau with Kazutoki Umezu/ Pointed Red】

鬼怒無月(g) 喜多直毅(vln) 佐藤芳明(acc) 鳥越啓介(b) 林正樹(p)
梅津和時(cl)



すごく楽しそう!
ライブ情報をチェックして、是非 生で観たいバンドです。


そして これは ロックとの融合になるんでしょうか。
ヘビージャズフュージョン? ハードフュージョン?
何と呼ぶのか わかりませんが、梅津和時さん率いる KIKI BAND の動画です。

【KIKI BAND / Black Jack】



文化も言葉もそうですが、音楽も 進化する! という感じでしょうか。
よく聴くと、テンポが 難しいです。


そして、最後には ちょっと ほっこり していただこうと思います。
好みにもよると思うんですが、ちょっと 素敵ですよ~。

【秋山羊子 with 梅津和時 / コロッケパン】




今回は、フリーのバリバリの熱演動画は ご紹介しませんでしたが、
年齢を重ねられ、サックス/クラリネットが 丸く心地よく響き、
それでいて、磨かれて余分なものがない 素晴らしい音だと思いました。
(私のような若造が 偉そうに言うのは 5000万年早いって話ですが。)


梅津和時さんの特集、いかがでしたでしょうか。
また これからも たまには 日本人のプレイヤーのご紹介もしていきますね。

テーマ:YouTube動画 - ジャンル:音楽
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://miwadeluca.blog61.fc2.com/tb.php/111-cccc2027
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。