かなり楽しく歌います

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
"Body And Soul" (邦題:身も心も)という曲は、
1930年に John W. Green が作曲し、
作詞が、Robert Sour, Edward Heyman & Frank Eyton、
ジャズ スタンダードの名曲として、愛され続けている作品です。

この John W. Green という方は、1908年 NY生まれで、
なかなかの天才児だったらしく、15歳で ハーバード大学から 入学許可がおり、
16歳で 大学に通い、その大学時代に ピアノとトロンボーンを専攻。

大学卒業後は ミュージシャンとしてのピアノとボントロの 演奏はやめ、
作曲活動に専念し、"Body And Soul"(1930) "Out of Nowhere" (1931)
"Rain Rain Go Away" (1932)  "I Cover the Waterfront"
"You're Mine You" "I Wanna Be Loved" (1933)
"Easy Come Easy Go" "Repeal The Blues" (1934) などを発表。

"Body And Soul" は、彼が 22才の時の作品です。
歌詞は 別の人が書いたにせよ、素晴らしい曲です。

というわけで、本日の特集は "Body And Soul"

「身も心も、あなたのものなのよ。
 どうして、疑うの? 私が悪いの?
 お願い、もう一度 チャンスを頂戴。
 そうしたら、証明してみせるわ。
 私の 身も心も、すべて あなたのものだって。」

という、なんつーか、大変 重く切ない ラブバラードです。
今回は、年代を追ったりせず、とりあえず 思いつくままに ご紹介していきます。
お酒(飲めない方は珈琲)のご準備は よろしいですか?


まず、最初に ビリー・ホリデイ いっときましょ。

こんなに軽い紹介の仕方は 流石にないですね・・・。
しかし、私としては これくらい 軽く紹介しておかないと、
重い、重すぎるよ ママン。

しかし、心に沁みる 素晴らしい歌声です。

【Billie Holiday / Body And Soul】




コールマン・ホーキンス特集をした際に、
あえて ご紹介しなかったものです。
これは、聴いておいた方が良い、名演奏。

【Coleman Hawkins / Body And Soul】




続いては、セロニアス・モンクのアルバム『Monks Dream』の中から。
ピアノソロなのですが、やはり 面白い解釈です。

【Thelonious Monk / Body & Soul】




これは 重厚でかなり良いライブ映像です。
デクスター・ゴードンカルテットによる "Body And Soul"

※重厚なだけあって、動画のDLも重いです・・・。
 しかも、テーマとテナーのソロのみで 10分近くあり、途中で切れます。

【Dexter Gordon Quartet / Body And Soul】

Dexter Gordon (ts) Kirk Lightsey (pf) David Eubanks (b) Eddie Gladden (ds)




本日の締めは、最初に登場する まだ 若い フランク・シナトラが、
「素敵な服を着てるのに、一緒に出かけてくれる女の子がいない。
 どこかに 素敵な娘はいないかな?」と歌ってから、エラを紹介するという、
ちょっと お洒落な テレビ番組の映像です。

【Ella Fitzgerald / Body And Soul】




身も心も焦がすような恋愛。

アメリカの有名テレビドラマシリーズ、
「セックス・アンド・ザ・シティ」の中の台詞にもあるのですが、
"一生に一度、運が良ければ 二度、経験できる"
恐らく それくらいの確率でしか そういう相手には出会えないものだと思います。

だからこそ、例え 別れたとしても、
その時は 辛く、立ち直れないと思ったとしても、
大切な思い出として、心に残しておきたいものじゃないかなと。

テーマ:YouTube動画 - ジャンル:音楽
コメント

こんばんは

SPEEDのBODYANDSOULを連想してしまいました
2010/02/01(月) 00:13:36 | URL | BMK #LtyuZP9c[ 編集 ]
Re: タイトルなし
>>BMK様

こんばんはー。
ご訪問とコメントを ありがとうございます。
突然 IN数(来客者数)が増えたので、何が起こったのか!?と
一瞬 悩んだんですけど、どうやら SPEEDの Body And Soul と、
もうひとつ 今 結構人気のあるバンドで Body And Soul があるようで、
間違って 迷い込んできた方には どうも ご愁傷様です、という感じです。

でも、そういう 普段は まったく ジャズなんて 聴きません!という方にも
ちょっと いいかも? くらい 感じていただけるような動画を
これからも ご紹介していければなーと 思っています。

また、今度 一緒に歌いましょう!
いつでも 遊びにきてください。お待ちしております。
2010/02/01(月) 03:28:06 | URL | Miwa De Luca #-[ 編集 ]
Boddy & Soul
はじめまして。コールマン・ホーキンスのソロをマンハッタントランスファーがコピーし、歌詞をつけているのを 原曲より先に聞いてコピーしたため、いつまでたっても原曲が覚えられないで苦労していますv-12
これからずーっと、楽しみに拝見させていただきます、よろしくお願いしますv-218
2010/02/22(月) 19:39:00 | URL | PATTI #JalddpaA[ 編集 ]
Re: Boddy & Soul
>>PATTI様

はじめまして。
ようこそお越しくださいました。

どうしても サビの部分で ホーキンズのほうの歌詞が入りそうに
なってしまいますよねー。歌詞を書いたのは Eddie Jefferson かな。
そちらも 相当 格好良いです。

また いつでも 遊びに来てくださいね~。
コメントありがとうございました☆
2010/02/23(火) 13:43:15 | URL | Miwa De Luca #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://miwadeluca.blog61.fc2.com/tb.php/115-76173bab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。