かなり楽しく歌います

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
猫男爵さんの ねこみんブログ では、記事の最初に 「明日は何の日」 という、
翌日が ○○の日 という紹介をしておられます。

実は、この○○の日というのが、ライブのMCネタとして 大変 役立っており、
猫男爵さんには、本当に 感謝しているのですが、
その ○○の日 によると、本日、1月31日は 「愛妻の日」 だそうです。

いわゆる 語呂あわせで、1(愛)31(妻)なんですけど、
日本愛妻家協会(JAO) という、本格的な協会まであり、
「日比谷公園の中心で愛を叫ぶ」イベントや、「花を買って早く帰宅しよう!」という企画、
そして 今年は 地球温暖化よりも 家庭冷却化を気にして と当初書いてありましたが、
やはり 「地球のことを想って 世界一斉 ハグ計画」という、壮大な イベントが行われます。

昨日だか 一昨日だかの 朝日新聞の夕刊に 一面ぶちぬきで
"ハグマット" が 掲載されたそうです。(愛妻家協会さんのHPをご参照ください)
その ハグマットにのっかって、1月31日午後8時9分 (ハグタイム) に
愛する奥様と 10秒間 ハグ(抱き合う)する。

いい企画じゃないですかっ!
照れている場合ではありませんよ。なんてったって、地球のため ですもの。
是非、ぐぐっと 平成22年(夫婦の年)に ハグで、夫婦の絆を強めてください。

で、それはそうと、本日の特集 "My Funny Valentine"

日本では、「女性から好きな男性にチョコレートを贈り、告白をする日」として
定着していますが、これは 欧米の習慣とは 大きく異なります。

欧米では、男性から女性に 花束やプレゼントを クッキーやチョコレートを添えて
プレゼントするほうが多く、その後 一緒に 食事へ出かけたりします。
「クリスマスは 家族と過ごし、バレンタインデーは 恋人(夫婦)と過ごす」
というのが、どうやら 主流のようです。

起源や由来も様々な説があるのですが、もともと 2/14 は 家庭と結婚の女神
ユノの祝日で、翌日に いまでいう お見合いパーティーのようなお祭りが開かれ、
そこで 出会った男女は そのまま 結婚することが多かったそうです。

でもって、St. Valentine's Day の由来となる St. Valentine ですが、
キリスト教の司教 聖ウァレンティヌスが、ローマ帝国皇帝に禁止されていた
ローマでの兵士の結婚を、こっそりと 執り行い、見つかり 捕まり
処刑された日が 2月14日(翌日のお祭りの生贄にされた)で、後に、
皇帝に逆らってまでも 愛し合うカップルを 祝福した、後に 聖人として称えられ、
命日である 2月14日を 祭日にし、恋人同士の日になったという流れのようです。

というわけで、「愛妻の日」に "My Funny Valentine" は いかがかしらと。

「心から 笑わせてくれる君。
 ギリシャ彫刻のように 理想的な顔をしているわけじゃないけど、
 僕にとっては、とても魅力的なんだよ。
 僕のために、髪型を変えたりしないでいいよ。
 そのままの君が 好きなんだ。
 君と一緒にいると、毎日が バレンタインデー なんだよ。」

という、そのままの君を愛している という 剛速球ストレートな 愛の歌です。


まず はじめは やはり モダン ジャズ の帝王 マイルス・デイビスから。

【Miles Davis Quartet / My Funny Valentine】

Miles Davis (tp) Red Garland (pf) Paul Chambers (b) Philly Joe Jones (ds)



やっぱり、決定版ですなぁ・・・。


ビル・エバンスとジム・ホールの ピアノとギターのデュオ。
なんとなく、2人ともが 2人らしくない 音を出しているような気がしますが、
なんでしょう、戦い だったのかもしれません。
そういう意味では、珍しい録音じゃないでしょうか。

【Bill Evans & Jim Hall / My Funny Valentine】



丸く暖かみのないジム・ホールと 攻撃的なビル・エバンス。
ジャズの面白味が めいっぱい つめこまれているような気がします。


さて、雰囲気を変えて、歌うトランペッター、と~っても
甘い甘い甘い甘い甘い チャット・ベイカー。
当たり前のことですが、やっぱり 年取るんだなぁ・・・と。
でも、甘さは変わりませんし、むしろ 上手くなった!?
昔のただ甘かっただけのものより、遥かに 聴き応えがあります。

【Chet Baker / My Funny Valentine】 ※編集でピアノソロの途中で飛びます。




お次は、しんみりとした、キース・ジャレットのトリオ。
んー、ノーコメントで!

【Keith Jarrett Trio / My Funny Valentine】

Keith Jarrett(pf) Gary Peacock(b) Jack DeJohnette(ds)




さぁ、これは 是非 聴いていただきたい。
DIVA サラ・ヴォーンの 東京 六本木のジャズライブハウスの老舗
サテンドールでのライブ映像。

【Sarah Vaughan / My funny Valentine】



・・・誕生日っていう 解釈はないんじゃないかと思ったりもしたけど、
それも ありっちゃありなのかな~。


本日の締めは、締めとして ふさわしいのかどうか、
自分でも ちょっと悩むところですが、
素晴らしい そして 美しい 熟練のサウンドを。

【Chico Hamilton Quintet / My Funny Valentine】




愛する人と 二人で、素晴らしい夜を お過ごしください。
そして、午後8時9分、ハグを!

つーか・・・、ハグしてくれいっ(号泣

テーマ:YouTube動画 - ジャンル:音楽
コメント
Chet Baker すばらしい!!
こんばんわ!!

Chet Baker、スンバらしく、声がナチュラルですね☆o☆!!

どこにも力が入ってない。。。ああ。ステキキ♪

いつもありがとうございますm(_ _)m
2010/01/31(日) 21:03:53 | URL | *晴* #mQop/nM.[ 編集 ]
Re: Chet Baker すばらしい!!
>>*晴*様

いつも ご訪問とコメントを ありがとうございます。
チャット・ベイカー、気に入っていただけたようで 何よりです。
若い時のスマートさも よかったのですが、
なんとなく、お年を召してからのほうが 魅力度 UP な気がします。

これからも 魅力的な動画をご紹介していくつもりですので、
また いつでも 遊びにきてくださいね。
お待ちしております。
2010/02/01(月) 00:02:41 | URL | Miwa De Luca #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://miwadeluca.blog61.fc2.com/tb.php/116-d5cdbd84
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。