かなり楽しく歌います

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回 ビバップスタイルの ジャズ ピアノをご紹介したので、
今回は 対極に居るような 軽やかな スウィングを聴かせてくれる
ジャズ ピアニスト をご紹介したいと思います。

まぁ、私の勝手なイメージなんですけど、春の香りのするピアニスト。

Wynton Kelly(ウィントン・ケリー) 1932年 ジャマイカ生まれ

以前にも ご紹介しましたが、モダンジャズの帝王 マイルス・デイビスから
「アーマッド・ジャマルのように 弾いてくれ」と リクエストされてしまった人が、
この Wynton Kelly で、1959年のアルバム 『Kind Of Blue』に収録されている
"Freddie Freeloader " で ビル・エバンスに代わり 参加しています。

※マイルス・デイビスの 『Kind Of Blue』は、名盤中の名盤ですので、
 是非 聴いてみてください。他にも "So Wat""All Blues" などが収録されています。

でもって、ジョン・コルトレーンのアルバム 『Giant Steps』(1960)でも
トミー・フラナガンに代わり、"Naima" で ソリストを務めています。

知らなくても別に どうってことのない 豆知識ですが、
前回ご紹介した、トランペットのウィントン・マルサリスの名前は、
エリス・マルサリスにより、ウィントン・ケリーからつけられました。

それくらい、多くのミュージシャンから、尊敬され、愛された ピアニスト。
ウィントン・ケリー特集のはじまりはじまりー。


んー、どれから ご紹介するか かなり 悩んだのですが、
まずは ジョン・コルトレーンとスタン・ゲッツメがフロントに入る
美しいバラードのメドレーを 聴いていただくのが いいかなと。

Wynton Kelly & John Coltrane & Stan Getz / Medley

Autumn Leaves → What's New → Moonlight In Vermont

John Coltrane(ts) Stan Getz(ts)
Winton Kelly(pf) Paul Chambers(b) Jimmy Cobb(ds)



ちょwwwww ビジネスチェアwwwww
絵的に かなり うけてしまいましたが、スタン・ゲッツが 何気に良いですね。


そして、Mr.PC こと ポール・チェンバースのイントロが 泣かせる、
"Softly, As In A Mornings Sunrise" (邦題:朝日のごとくさわやかに)

Wynton Kelly / Softly, As In A Mornings Sunrise (1959)】

Wynton Kelly(pf) Paul Chambers(b) Jimmy Cobb(ds)




そして、なんといっても、この曲が格好良い!
1961年のアルバム 『Someday My Prince Will Come』より "Wrinkles" を。

Wynton Kelly with Lee Morgan and Wayne Shorter / Wrinkles (1961)】

Winton Kelly(pf) Paul Chambers(b) Jimmy Cobb(ds)




そして、運命の出会いとでも言うのでしょうか、
奇跡のサウンド、ジャズ ギターの ウェス・モンゴメリとの活動開始後、
1965年の冒頭の二曲がライブ収録になっている素晴らしいアルバム、
『Smokin' At The Half Note』より、"If You Could See Me Now" をどうぞー。

Wynton Kelly Trio with Wes Montgomery / If You Could See Me Now (1965)】

Wes Montgomery(g) Winton Kelly(pf) Paul Chambers(b) Jimmy Cobb(ds)




このアルバムは ウィントン・ケリーの代表作というより、
ウェス・モンゴメリの代表作と言ってもいいかもしれません。

同じアルバムより、もう 涙ちょちょぎれるほど 格好良いっ!
"Impressions" で 本日の Wynton Kelly 特集を締めたいと思います。

Wynton Kelly Trio with Wes Montgomery / Impressions (1965)】

Wes Montgomery(g) Winton Kelly(pf) Paul Chambers(b) Jimmy Cobb(ds)



ウェスモン すげぇなっ!


ウィントン・ケリー特集、いかがでしたでしょうか。
Brought to you by Tanaka Kakuway.(これは、昨日のネタかw)

あ~、春だな~。
嬉しいなー。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽
コメント

のっけからハマってしまい、
ウェスとの If You Could See Me Now ですか!
安い酒も美味しく飲めました~。
2010/02/26(金) 01:37:11 | URL | なだお #-[ 編集 ]
Re: タイトルなし
>>なだお様

いつも ご訪問いただき ありがとうございます。
気に入っていただけたようで、光栄です。
ウェスモンが、実に 良い仕事をしているのですが、
やはり ウィントン・ケリーのスウィングが あってこそだと思っています。
というか、ポール・チェンバースも凄いし、
"至高のアルバム" といっても 過言ではないかと。

「お酒を美味しくする」良いフレーズですね~。
コメント、ありがとうございました!
2010/02/26(金) 02:22:02 | URL | Miwa De Luca #-[ 編集 ]

こんにちわ、Miwa De Lucaさん。
ご訪問有難うございます。
現在、あし@を退会しており、
来週以降に再入会の予定です。
今後とも宜しく。
2010/02/27(土) 06:52:20 | URL | 京都のおっちゃん #-[ 編集 ]
Re: タイトルなし
>>京都のおっちゃん様

こちらこそ いつも ご訪問ありがとうございます。

流木作品とその解説、毎回 興味深く 拝読しております。
当たり前のことなのかもしれませんが、
木 ひとつひとつに趣があり、ひとつとして 同じ形のものがないことと、
それを 作品に仕上げるアーティストによって 色や輝きが違い、
音楽と共通することも多く、大変 勉強になっています。

あし@の件、了解しました。
こちらこそ、今後とも よろしくお願いします!
2010/02/27(土) 12:42:51 | URL | Miwa De Luca #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://miwadeluca.blog61.fc2.com/tb.php/130-965817d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。