かなり楽しく歌います

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ジャズ ミュージシャン や ジャズボーカルが よく取り上げる題材に
"It Might as Well Be Spring" (邦題:春の如く)という曲があります。

時に ボサノバだったり、スウィングだったり、6/8 だったり、スローだったりと、
アレンジは様々ですが、とても チャーミングな曲で
これからの季節 耳になさることも多いかもしれません。

この曲は、1945年に ミュージカル映画 'State Fair' の挿入歌として、
Richard Rodgers により作曲され、Oscar Hammerstein II が作詞を担当しました。
そして、その年の オリジナル映画音楽部門にてアカデミー賞を受賞した 名曲です。

では、その映画のワンシーンから ご覧いただきましょう!

Jeanne Crain / It Might As Well Be Spring from State Fair (1945)】



「あ~、どこか 遠くの街へ行って 知らない道を歩いてみたり、
 会ったことのないような素敵な男性とお話してみたいわ。
 心は高ぶっているんだけど、どこか憂鬱で、ホント 春になったみたいな感じ。
 まだ 春じゃないのになぁ・・・。」という 恋に憧れ 夢を見る若い女性の
心そぞろな感じが よく表現されていると思います。可愛いですね~。

そして、映画 'State Fair' は、1962年にも リメイクされていますが、
紙面の都合上 そちらのシーンは 省略させていただきます。


続いては、ミュージカルスター ジュリー・アンドリュースが歌う
心が洗われるような美しい歌声の "It Might As Well Be Spring" を どうぞー。

Julie Andrews / It Might As Well Be Spring



いやぁ~、何を歌わせても 本当に 上手い方ですね。
大好きです。


そして、ここからは 雰囲気を がらっと変えまして、
・・・というほど 変わっていないかもしれませんが、
美人歌手枠の ドリス・デイ で、少々 ジャズ風味になってきます。

Doris Day / It Might As Well Be Spring (1957)】




そして、スタン・ゲッツと ジョアン・ジルベルトによる
柳の下の二匹目のどじょうを狙った、1964年のアルバム 'Getz/Gilberto #2' より、
アストラッド・ジルベルトが歌う ボサノバの "It Might As Well Be Spring"。
ニューヨークにある カーネギー・ホールでの ライブ録音です。

Astrud Gilberto / It Might As Well Be Spring (1964)】



アストラッド・ジルベルトは 歌が上手じゃない(音程は はずす、英語は 微妙)のに、
雰囲気が とても 良くて 素敵なんですよね~。


そして、大御所 エラによる 哀愁漂う 春の如く。

Ella Fitzgerald / It Might As Well Be Spring



なんだ~か、こそはかとなく 憂鬱感が 漂ってますが、
こういう解釈も ありだと思います。


ここで、是非 ご紹介したいのが、関西が誇る ジャズボーカリストの 越智順子さん。

越智順子 / It Might As Well Be Spring (2003)】

有末佳弘(pf) 越智順子(vo) 皆木秀樹(b)



ゴスペルも歌ってらしたり、とても グルーブする 素晴らしいボーカリストで、
余暇のバンド活動では、アフロのズラをかぶり 往年のディスコサウンドを 熱唱されたりと、
とても 面白く パワフルで ファンキーな方でしたが、
2008年7月27日に、子宮頸癌のために 43歳の若さで 永眠されました。

これから ジャズ ボーカルとしても 円熟期にはいられ、ますます ご活躍なさると、
楽しみにしていたので、本当に 残念でなりません。
謹んで ご冥福をお祈り申し上げます。


もし、このブログを読んでいただいる方の中で、
婦人科の検診を受けた事が無い方は、是非 検診へ 行ってください。

「妊娠したら 婦人科」ではなく、「妊娠していなくても 婦人科で 定期健診」です。

そして、安心できるパートナー以外の男性とは、性行為を持たない、
ことが一番ですが、ピルを飲んでいても コンドームは 絶対に使用してください。

※子宮頸癌になられた方が全員が、乱れた性生活を送られている/いた、
 と 言いたいわけではありませんので、念のため。


さて、最後にお送りするのは、インストでの "It Might As Well Be Spring " です。

1954年に リリースされたアルバム 'Jam Session' より、
クリフォード・ブラウンの 華麗なトランペットで、春の喜びを感じてください。

Clifford Brown / It Might As Well Be Spring (1954)】



この 'Jam Session' が、これまた 名盤なんだな~。

この アルバムに参加したメンバーは、以下の通り。

Dinah Washington (vo) 
Clifford Brown (tp) Maynard Ferguson (tp) Clark Terry (tp) 
Harold Land (ts) Herb Geller (as)
Richie Powell (pf) Junior Mance (pf)
George Morrow (b) Keeter Betts (b) Max Roach (ds)  
 
メンバーをみただけで 鼻血がブー です。

というわけで、初セッション参加記念として、
このアルバムを紹介したいがために、この曲の特集を組みました、みたいな。

いやぁ~、セッション 楽しいよ、セッション!

また 行こうっと。

テーマ:YouTube動画 - ジャンル:音楽
コメント

はぁ~っ!!
見えないくらいに麓に・・ステキですね♪憧れます☆

じゃあ行く時には、「向かって右側の下辺り」(笑)に、手を振りますね^^

そして『やほ~い』と・・叫んでみますので、もし聞こえたら
『あいよ~』と、お返事いただければ・・(爆)

札幌でも、ジャズフェスティバルやってるんですよね♪
今年は、ふら~っと行ってみよっかな??
2010/03/31(水) 10:08:02 | URL | みた~ん #-[ 編集 ]
Re: タイトルなし

>>みた~ん様

いつも ご訪問と コメントをいただき、ありがとうございます!

富士山が 山開きしたら、毎日 耳を澄ませて、
みた~んさんの登頂を 待ちますね。

おー、札幌のジャズフェスティバル!
是非 是非 お友達を誘って、お祭り気分で 参加してみてください。
きっと 楽しいと思いますよ~。
2010/04/01(木) 06:47:02 | URL | Miwa De Luca #-[ 編集 ]
ご無沙汰しております。
越智順子さんの唄はコントロールが効いていて、本当に素敵ですね。適度な濃厚さがあって好きです。日本人のJAZZ VOCALの理想形だと感じます。それだけに残念です。
2010/04/02(金) 19:53:14 | URL | quwako #-[ 編集 ]
Re: ご無沙汰しております。

>>quwako様

お忙しい中、ご訪問いただき ありがとうございます。
私も、越智順子さんの歌は ジャズだけでなく ソウル ブルースも大好きでした。
本当に 残念でなりません。

でも 一緒に懐かしんでいただける方がいらっしゃって、
(こういう表現は適切ではないのかもしれませんが)良かったです。
コメント、ありがとうございました。

quwako様も、くれぐれも お身体は大切にしてくださいね。
どうか、ご無理なさいませんように。
2010/04/03(土) 07:36:20 | URL | Miwa De Luca #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://miwadeluca.blog61.fc2.com/tb.php/152-69778189
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。