かなり楽しく歌います

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
英語で 6月を表す "June" は、ローマ神話のユーピテル(Jupiter)の奥さんで、
女性の結婚生活と出産を守護する女神である ユーノー (Juno)からきており、
「6月に結婚式を挙げる女性は ユーノーの加護を受け幸せになる」と
大変 古くから 言い伝えられています。

この風習が、"June Bride"(ジューン・ブライド:6月の花嫁)です。

ギリシャ神話では、ユーピテルは 全能神であり 最高神である ゼウス、
ユーノーは その正妻である ヘラ と 同一視されています。

ところが、ジューンブライド(うふっ♪)というイメージと違って、
「ヘラは 大変 嫉妬深く、ゼウスが見初めた女性やその子供に 数々の嫌がらせをした」
と、怖く陰湿な女性だと、現代でいう鬼嫁だと、表現されているものが多いのです。

それもそのはず、夫である ゼウスは、なかなかの発展家だったそうで、早い話が 浮気者。

あっちの女性は美しいといっては 雨となって 降り注ぎ、
こっちの女性は可愛らしいといっては 白鳥になって近づいたりと、
こと美人に関するとなると、そりゃ もう 大層 まめ だったそうです。

嫁である ヘラが スーパーサイヤ人のように 怒髪天をつく気持ちも、
同じ女性としては よーく わかるんですよねー。

「あんたは なんで いっつも いっつも sxdcfgvbhjんkml!!!!」

挙句の果てに「去年はこうだった」「3年前の時もそうだった」と 色々過去を "反芻" し、
思い出し怒りも混ざって、最後のほうは 自分でも どうして怒っているのか解らなくなったり。

でもね、ヘラが 怒って、家を出て行って、戻ってこなくなった時の話。

夫である ゼウスは 大層 困って、策を練り「新しい女性と結婚式をする」と
偽の結婚式を催し、馬車へは ウェディングドレスを着せた丸太を 乗せました。

すると、その話を聞きつけた ヘラが これまた 怒って 式場に踏み込んできて、
馬車にひかれたカーテンを さっと 払いのけ、花嫁のドレスを ひきちぎりる!
と、そこには ただの丸太が・・・。

我に返って「あら、あなた これは どういうことなの?」と 夫に尋ねると、
「君に帰ってきて欲しい一心で、考えた。まんまと 成功した(うしゃしゃしゃしゃ)」

・・・と言ったかどうかは わかりませんが、これが きっかけで 仲直り。

以後二人は、あまり 喧嘩をすることなく、ゼウスも これまでの態度を
それなりに ちょっぴり 改め、ヘラは ゼウスに敬意を払い 夫をたて、
オリンポスの神殿で 二人仲良く、ほどよく 平穏な暮らしを送ったようです。

ジューンブライドが 本当に 幸せになれるのか、若干 不安になるエピソードです。


結婚生活というのは、全く違う家庭に育った 他人同士が "家族になる" ことですから、
「好きよ♪」「愛しているよ♪」だけでは 成り立たないと思うんですよね。

一山も 二山も 乗り越えて、喧嘩もし、理解しあい、尊重しあい、
お互いの存在に 感謝しあって、ようやく 夫婦 になれるものじゃないかと思います。

前回 ご紹介した 「替り目」ではありませんが、
「いつも ありがとう。」という気持ちを持ち、相手に 悪い事をしたと思えば
素直に「ごめんなさい。」と 心から謝るようにしていれば、
大抵のことは なんとかなるものじゃないかな と 思っていたりします。

今月 結婚したお二人、これから 結婚なさるお二人、
この先 色々とあるでしょうが、お互いを思いやる気持ちと、
出会った時のときめきや 優しい気持ち、結婚式で感じた 嬉しさを忘れず、
(忘れた時には 思い出し) どうか 末永く お幸せに。


【笑いが止まらない花嫁】




というわけで、楽しく歌っちゃったから 私は 幸せです。

So Danco Samba

Let There Be Love

I Can't Give You Anything But Love
They Say It's Wonderful
Honeysuckle Rose
Day By Day
The Nearness Of You
True Love
Ain't Misbehavin
It's Only A Paper Moon
Bewitched
Tea For Two
I've Got The World On A String
Just In Time
Misty


◆ ランキング参加中 ◆

FC2 Blog Ranking
ブログセンター ランキング
にほんブログ村 ランキング
Blogram Ranking

ブログ更新の励みになりますので、応援のクリックを 何卒 よろしくお願いします!
テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽
コメント
ほぉ~
ジューン・ブライドは日本の結婚会社だか旅行会社だかが
梅雨の売り上げアップの為に作った制度かと思ってましたよ(笑)
ギリシャ神話が元だったとは・・・
まぁ、ゼウスとヘラがモデルでは確かに平和な結婚生活のイメージでは無いですね^^;
2010/06/08(火) 02:57:31 | URL | cafe #Fm7m8J1E[ 編集 ]
Re: ほぉ~

>>cafe様

いつも ご訪問をいただき、ありがとうございます。

一説には、遠征を終えたローマ軍の兵士達が 6月1日に行われていた
「ユーノーのお祭り」前後に どばーっと 地元に戻ってきて、それに伴い
駆け込み結婚が多かったので、結果的に 6月に結婚するカッポーが多かった
とも ありましたが、「ユノのご加護がありますように」というのは間違いないようです。

古代ローマ神話や ギリシャ神話の神々は 結構 人間的で、
日本の古代からの神様(神道)とも 共通する事が多く、大好きです。

日本に入ってきたのは、恐らく「売り上げアップ」の為も あるんじゃないでしょうかね。
それまでは、神社で式を挙げて、披露宴(お披露目)は 自宅で という形が
一般的だったのではないかと思います。(母の世代くらいまで でしょうか・・・)
○○殿 とか 結婚式場 が 増えてから 広まったんじゃないかと思います。

コメント ありがとうございました!
2010/06/08(火) 04:24:11 | URL | Miwa De Luca #-[ 編集 ]

えっ!?なになに??何があったの(・▽・)?

なんで笑ってるのかわからないまんま、
動画が終わる頃には一緒に爆笑してました、ワタシ。
(しかも途中でちらっとうつったオバちゃんと同じぐらいの勢いで・・笑)

毎日笑って暮らせれば、なによりですね♪
2010/06/08(火) 14:53:16 | URL | みた~ん #-[ 編集 ]
Re: タイトルなし

>>みた~ん様

いつも ご訪問いただき、ありがとうございます。

誓いの言葉の際、新郎が「法律に基づいた 妻とし」と言うべきところ
「ワッフルに基づいた」と 言い間違ったので、ついでに その後
「パンケーキにも基づいて」と 続けたので、花嫁が食べる真似をした、と。

書いてみると、そこまで 可笑しいか? と 思ったりしなくもないですが、
観ている間に こちらも つられ笑いしてしまう ビデオですよね~。
私まで とても 幸せな気分になったので、ご紹介しました。

日々の生活の中での 笑いは 本当に 大切だと思います。
コメント、ありがとうございました!
2010/06/08(火) 18:21:07 | URL | Miwa De Luca #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://miwadeluca.blog61.fc2.com/tb.php/195-4945ae95
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。