かなり楽しく歌います

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ジャズを勉強中の大学生、都留JAZZ倶楽部(元モダンジャズ研究会)との
定例ジョイントライブは、私にとっても 色々な意味で勉強になる。

自分が歌をはじめて一生懸命になってる時期って、
必死過ぎてて、自分がどんな風に成長しているか、
客観的に自分を捉えることなんてできなかったから、
(下手さとかそういうのは覚えているけれど)
上手くなる "過程" を共にできる経験は、貴重だと思っている。

毎回、大体2週間位前から練習(リハーサル)をはじめるんだけど、
できるだけマンネリ化しないように、尚且つ、みんなの勉強(経験)になるように
こんな風にしよう、こんなのはどうだろう、と あれこれ企画(決め事)を考えるのも楽しい。

それが、実際のライブでビシッ!と決まれば、尚更 嬉しいし、
逆に グダグダになっても、それはそれで (自分を含め) 反省として
次回や今後に活かせれば いいんじゃないかなと、
わりかし 長期的展望を伴う ゆるめな感覚で捉えている。

ライブは生物で、レコードやCDじゃないから、毎回 同じクオリティーを提供できないし、
でてしまった音は取り戻せるわけがなく、「失敗した!」と思うことが多いけれど、
生であるからこその、感動できる演奏、ミラクルが起こる可能性があるわけで、
そんなミラクルを経験してほしいなー、一緒に経験したいなーと期待してたりもする。

いや、まぁ ミラクルだから そんなに簡単には起こらないんだけどね。

私の初めてのミラクル体験は、19歳の時。
ピアノが青柳誠さん、ベースに北川潔さんという、
今考えると、「そりゃ ミラクルも起こるだろう」 というメンバーでのライブで、
正直言うと、集中しすぎの夢中すぎで、自分が一体どんな風に歌ったのかさえ
全くもって 解らないし、覚えてない。

唯一、覚えているのは、曲が終わった後のお客様の歓声と喝采の中、
青柳さんと北川さんからも拍手をいただいて、握手→ハグしてもらったということ。

たぶん、技術的に まだまだ未熟だったし、下手だったと思うんだけど、
ライブの間に成長したというか、一皮向けたというか、
たぶん 今までの自分とは 別の自分になれたんではないかなと。

また、恐らく、暴走か覚醒モードにはいったと思われる私を、
カバーし、がっちりと受け止めてくださった両ミュージシャンの技術の高さと、
心の広さに感謝するだけでなく、私自身も 今一緒にやっている若者達を
受け止められるだけの技術と力をつけなければならないなーと思っている。

自分の歌の 技術の足りなさ、納得できないところ、超反省点に関しては、
なんとか自分の中で解決していかねばなと、改良に向けて始動中。
まぁ、どうなりますことやら・・・。

余談ながら、その後、青柳さんにお会いする度に
「あの時の感動は忘れられへんし、きっと一生忘れへんと思うよー」 と
言っていただけたことは、とてもとても 嬉しいことではあるんだけど、
私は過去の女なのね・・・と、技術面ではなく、精神面において
あの時の自分を越えることの難しさを感じている今日この頃でございます。

10/17(土)@AFTER DARK

【1st SET】

September In The Rain
おいしい水
I Can't Give You Anything But Love

【2nd SET】

I'm Just A Lucky So And So
Misty
A Night In Tunisia

【アンコール】

Raindrops Keep Fallin' On My Head (応援歌)


テーマ:歌ってみた - ジャンル:音楽
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://miwadeluca.blog61.fc2.com/tb.php/21-fd613659
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。