かなり楽しく歌います

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
歌うということは、言葉(気持ち)を音程やリズムにのせて話すことで、
そのために一番大切なのは、息をコントロールすることだと思っている。

特に、吸う息(ブレス)を意識するのことが大事で、
色々なジャズボーカルの動画を観ながら、ここでブレスを入れると、
その後のフレーズが流れるように進むのかー、と とても勉強になる。

また、自分でも 自分なりに、ここはこんな風にアプローチしたいから、
ここで これくらい吸わないといけないな、あっ、ちょっと足りなかったかな、とか、
こんな風に 普段の練習も、「すってーはいてーすってーはいてー」みたいになってたりする。

呼吸と間というのは、本当に大切だ。

そういえば、歌の師が 桂米朝さんの落語が大好きだったなと、ふと思い出し、
米朝さんの落語を聴きいてみると、ずいぶんと おっとりとした 落ち着いた口調だった。
声を張り上げるでもなく、オーバーアクションをするでもないのに、
人物の描写が鮮やかで、その情景が浮かび上がり、とても面白かった。
なるほど、これが人間国宝の芸なのかー、と 感心した。

一方、東の名人 古今亭志ん朝さんの動画を観ると、その勢いのあること!
「立て板に水」とは、まさに このことなんだなと、驚いた。
そして、間 の素晴らしさ。

息をいっきに吸い込んで、流れるように言葉にする。
ゆっくりと吸い込んで、キリッと吐き出す。
このメリハリが 独特のリズムになり、間 につながっているんだなぁと、
面白かっただけでなく、大変 勉強になった動画。


【古今亭志ん朝 / 風呂敷 1/2】



【古今亭志ん朝 / 風呂敷 2/2】



観ている分には、面白い!凄い!でいいんだけど、
毎日 どれだけのお稽古をなさっていたのだろうと考えると、
私も 日々精進しないといけないなと、身が引き締まる思いがする。

まっ、練習や苦しさも含めて 楽しむさっ!

テーマ:YouTube動画 - ジャンル:音楽
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://miwadeluca.blog61.fc2.com/tb.php/27-606e52ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。