かなり楽しく歌います

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もともとは、ジャズボーカルであった ボビー・マクファーリン。

彼の声のみで多重録音された 「Don't Worry Be Happy」 の大ヒット以降は、
"声のアーティスト" として、ジャズだけでなく、クラシックや前衛的な即興音楽・・・
というか、もう ジャンルを越えた存在となり、(ってかもう 存在が "ジャズ" なのかも?)
色々な国で、ソロ活動のみならず、色々な楽器・バンド・オーケストラ・歌手らとジョイント。

マイク一本 さらしにま~い~て~ と歌いたくなるような、
他には何もいらない 「ザ・ボーカリスト」。

もちろん、ジョイントしている方達も 普段から 素晴らしいんだとは思うけど、
彼と一緒に演奏することで、秘めたる力が湧き出してくるというか、
魔法に掛けられたように、輝きだすんだなー。

そんな、他人の魅力もぐいぐい引き出す、ご自身も 大変魅力的な存在である
ボビーマクファーリンは、「魔術師」と呼んでもいいんじゃないかと思う。


本日のテーマ、混ぜるな危険! まずは、ジャズ (ブルース進行)から どうぞー

【Bobby McFerrin & Anita Vitale 】



この アニータさんは My Space によると、どうやら イタリア在住の方のようで、
ジャズなんかも 歌われてはいるようですが、録音を聞いている限り、
うーん、上手いとは思うんだけどなーみたいな いたって普通の歌手なのに (ゴメンナサイ)
この動画では、本当に 輝いている!声も伸びているし!


混ぜるな危険!! その2は、形容できないけど 澄んだ音楽

【 Bobby Mcferrin & Jorane 】



この Jorane (ジョラーヌ)さんを最初観た時、「チェロの弾き語りっすかっ!?」 と
とにかく そのインパクトに驚いた。プロフィールが探し出せなかったので 詳細は不明なので、
勝手に予測すると、フランス人で パリ国立高等音楽院 いわゆる コンセルヴァトワールの
チェロ科在籍中に、クラシックだけでなく チェロの新しい形を探求しようと、
学校の仲間と共にバンド活動を開始。
学校卒業後は、ソロでの弾き語りを精力的に行い メジャーデビュー。
恐らく こんな感じじゃないでしょうかねぇ。あくまで想像ですよ!

おまけになるけど、あまりに 格好良かったので、Joraneさんのロックもどうぞー
ドナ様のカバーですわよ、奥様!

【Jorane / I Feel Love】



パーカッションのお姉さんの蹴りも かっこよすぎるな!


では、本日の締めとして、本当に本当に 混ぜるな危険!!!!
2人の声による 即興での パフォーマンス。

【Bobby McFerrin & Maria Joao】



あまり 前衛的な音楽は好きじゃないんだけど、これは なんというか 別格!
つーか、ミラクル!

マリアさんは、最初ブラジルの方かなと思ったんだけど、ポルトガルのリスボン在住。
(まぁ、ポルトガル語だというのは解っても、訛りまではわかりませんから・・・)

〆た後だけど、マリアさんの躍動感と歌への愛があふれているこの映像も。

【Maria Joan / Varias Dancas】



あまりに美しすぎて、涙が出た・・・。

なんというか、素に戻ると、ボーカリストの在り方を問われているようで、
なんとも、うーん、とうなってしまうわけなんだけど。
でも、素直な心を持ち、音楽だけでなく全てのことに対し まっすぐな姿勢でいられたら、
魂も美しくなり、素敵な生き方ができるんじゃないかと思うし、
そういう生き方であるよう 心がけたら、素直で素敵な歌が歌えるんじゃないかなって。

まっ、「言うはやすし 行うはきよし」 ってやつですが。
がんばろっと。

テーマ:YouTube動画 - ジャンル:音楽
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://miwadeluca.blog61.fc2.com/tb.php/37-4053c8da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。