かなり楽しく歌います

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
当然、もっと、ジャズ・ベーシスト!

単に、私がベース大好きというだけかもしれないけれど、
なかなか 誰が一番好きか 決めれなかったので、
好きなベーシストを 全員 ご紹介すればいいんじゃないかという結論に達した。

というわけで、第一回 私の好きな ジャズ・ベーシスト の巻 (ニンニン)

まずは、テクニシャン ニルス・ペデルセン と 巨人 レイ・ブラウンから。
ええ、凄い二人 一度に ご紹介できちゃうのです。
さすが、ジャズ・ピアノの巨匠 オスカー・ピーターソンのなせる業。

【Oscar Peterson / There Is No Greater Love】



ニルス・ペデルセンの凄いテクニックにも驚きますが、
相対する レイ・ブラウンの堂々とした正確な音程と 華麗な音使いにも、
う~ん すげぇなぁ・・・ と、うなってしまいますね。

普通、あれだけのテクニックを 隣で見せ付けられたら、
ひきずられて、「これでどうだー!」 みたいになってしまうものなんですけど、
あくまでも、自分のペース、自分のリズム、自分の音を 主張できる
レイ・ブラウンって、やっぱり 凄いんだと思いました。

いや、もちろん、ニルス・ペデルセンも凄いっすよ!
というわけで、続きましては、ニルス・ペデルセンの
ベース デュオを ご覧いただきましょう。

【Niels-Henning Ørsted Pedersen & Christian McBride / Bye Bye Blackbird】




というわけで、ベース デュオの後には、ベース トリオを持ってくるしか・・・。
ベース三本という図柄が なんというか、凄いことになってます。

【John Clayton, Ray Brown & Christian McBride / Blue Monk】




というわけで、今回の最後は、ベース デュオ、そして ベース トリオで
二人の巨匠を サポートしたというより、むしろ ひっぱってないか!?という、
Christian McBride を ばばーん と ご紹介。

【Herbie Hancock Trio / Toys】 ※途中で切れます・・・



いやぁ・・・、ハービー・ハンコックも 年齢(とし) とるんだなぁ・・・。
と、変なところで、しかも 当たり前のことで 感傷的になってますが、
調べてみると ハービー・ハンコックは、1940年生まれの 69歳。
えーーーっ!? なんか、若いっ!? 55歳くらいかなって思ったんだけど。 やるなぁ。

んでもって、おまけ動画として、Christian McBride の一日密着みたいなの。

【Christian McBride / A Day In Life】



おいおい、スウィング・ジャーナル誌の賞が 床に置かれてまっせ・・・。
それにしても、ベースに名前をつけていたり、可愛いところのある方ですね。
でも、怒らせたら怖いんだろうな・・・。

まだまだ、好きなベーシストは いますが、それはまた 次の機会に。

にんにん。

テーマ:YouTube動画 - ジャンル:音楽
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://miwadeluca.blog61.fc2.com/tb.php/59-be7a9e3a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。