かなり楽しく歌います

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨夜は、いつもお世話になっている ジャズ・バー AFTER DARK さん にて、
都留ジャズ倶楽部さんとの月一回の定例ジョイントライブでした。

まぁ、簡潔に まとめると、仲間/友達って とても 良いものだなぁ~ と。

一人一人、育った環境や性格は違えど、
"ジャズ" という 共通項で 集って、お互い助け合ったり、触発しあったりして、
成長過程を 一緒に過ごせるのは、本当に 素敵なことで、
これが、いわゆる 青春ってやつなんだなと、しみじみと 感傷にひたってしまいました。

そんな、青春真っ只中の ジャズ・ミュージシャンのひよこちゃん達に、
"気分が落ち込んでいても、友達の助けがあれば 立ち直れる" というのがテーマの
この歌を 送ります。つーか、私の歌でもなんでもないので、ご紹介するだけだけどっ!

もともとは、ビートルズのナンバーで、それを ジョー・コッカーが カバーし、
英国ヒットチャート 1位となり、1969年に行われた 伝説の ウッドストックでも歌い、
パワフルで独特なパフォーマンスで、観客を熱狂させたという 歌です。

「もし、僕が 音をはずして歌ったら、君はどうする?
 うんざりして 僕を見捨ててしまうかな。
 僕には 君の力が必要なんだ。
 君が聴いてくれてると、きちんと歌えるような気がするんだ。
 がっかりさせないように、がんばろうと思えるんだ。」

かなり意訳だけど、こんな感じの歌で、私も いつか歌ってみたいな と、
一応 譜面だけは 書いたりしてるんだけど、まぁ、それはいつになるかわからない!

【Joe Cocker / A Little Help From My Friends】

Phil Collins (ds) Brian May (g)



つーか、フィル・コリンズって 随分と タイトな ドラムを叩くんだなと、感心しました。
すっと 「ジェネシスのはげた人」 って呼んでて 本当に ごめんなさい。


【1st SET】

Autumn Leaves
It Don't Mean A Thing
Fly Me To The Moon
I've Got The World On A String
Love For Sale
I Can't Give You Anything But Love

【2nd SET】

Summertime
Dindi
Teach Me Tonight
I'm Just A Lucky So And So
I Got Rhythm

Take The A Train

テーマ:歌ってみた - ジャンル:音楽
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://miwadeluca.blog61.fc2.com/tb.php/63-18424827
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。