かなり楽しく歌います

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第四回 大好きな ジャズ ベーシストをご紹介するでござるの巻 (ニンニン)

はい、お待たせしましたっ!
前回でから 何かとあって、間が空いてしまいましたが、ようやくたどり着いたんだぜ・・・。

大体、私のブログのパターンとして、ジャズ → ジャズ → 面白動画 → ジャズ → ジャズ
というように、ジャズ 好きな方だけでなく、色々な方に 楽しんでいただけるようにと、
(というか、自分自身も 息抜きが出来るように)
ジャズ の合間に 何かとはさむようにしているのですが、
今回の ジャズ ベーシストを ご紹介するでござるの巻(ニンニン)は、
いくらなんでも はさみすぎたな! 「どこまで ひっぱるんだよっ!」と、
自分でも突っ込んでしまったくらい、間が空きました。

ええ、前回の、John Patitucci は、11/28 投稿されとります。
そして、決して比べることはできませんが、ようやく Jaco Pastorius (ジャコ・パストリアス)!

ジャコパスと略して呼ばれていることが多く、それまでの どちらかというと
「縁の下の力持ち」という感じで、地味なリズム隊だった ベースを、
バンドの中心、"花形" へと 押し上げたというか、前面に出てきたベーシスト。

当時 既に売れていた フュージョンバンドの Weather Report の
ジョー・ザヴィヌル に 直接 デモテープを渡して、
「バンドに参加したい!」と 猛烈にアピールをしたという、
とても 積極的で 明るい性格の方だったらしい。

それがまた 良いタイミングで、丁度 ベーシスト アルフォンソ・ジョンソン が
バンドから脱退する意思を ジョーに伝えていたこともあり、
その直ぐ後のレコーディングに ジャコパスは サポートメンバーという形で参加し、
それが認められ、正式に Weather Report のメンバーとなった。

というわけで、まず最初は、Weather Report の代表曲、"Birdland" を どうぞー。

【Weather Report / Birdland (1978)】




好きじゃない方には、あんまり 面白くないかもしれない、ジャコのソロ。

【Jaco Pastorius / A Portrait Of Tracy】




その後、ソロとして活動を開始。
自己のバンドで フュージョンだけでなく、本格的な ジャズ も 数々演奏。

録音状態(音質)は 余り良くないんですが、
チャーリー・パーカーの "Donna Lee" が、これまた 格好良いんですのよ、奥様!

【Jaco Pastorius / Donna Lee(1982)】




同じ曲なんだけど、1976年のアルバム "Jaco Pastorius" から
パーカッション+ベースというシンプルな構成で録音されたものも 是非!

【Jaco Pastorius / Donna Lee】




ジャコは親日家だったらしく、Weather Report の頃から 自己のビッグバンド時代まで、
何度も 何度も 来日し 日本各地でコンサートを行ったので、
実際に コンサートへ行った方も かなり 多いはず。

そして 締めは なんといっても コレ!
やっぱり、コレは はずせない。

【Jaco Pastorius / Soul Intro → The Chicken(1982)】



ジョンスコとの ギター+ベース+ドラムという シンプルな The Chicken も
YouTube にアップされてましたので、ご興味のある方は、是非 ご覧ください。


ジャコ・パストリアスは、数々の名曲を残し、1987年に 35歳の若さで亡くなりました。

お酒とドラッグのせいで、精神的にも良くない状態が続き、
更正施設にも 何度も 入退院を繰り返していたらしいのですが、
サンタナのコンサートに 飛び入りで参加しようとしたところ、警備員に追い出され、
怒って飲んだくれて そのまま 泥酔状態で 別のクラブへ入ろうとしたところ、
また 警備員に止められ、その警備員と格闘し、投げ飛ばされ、
運悪く 頭部を強打し、脳挫傷になり、その後、意識も回復せず、
親族による話し合いの末、生命維持装置をはずす という形で、息をひきとりました。

なんだか、寂しいですね。

でも、やはり 彼の業績、彼の曲、彼の映像、彼の笑顔は、
本当に 今でも 色あせることなく 輝き続けています。
まぁ、それが 余計に 寂しいといえば、そうなんですが、
素晴らしい曲を残してくれた ジャコパスは 永遠だと思います。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽
コメント

こんばんは、吉田屋です。

ジャ、ジャコパスでは、あ~りませんか!!
世界一目立ちたがり屋のベーシスト。
大好きです。

なぜあなたはそこまでリズムを細かく刻みたくなるのか?
なぜあなたはギターより速弾きしないと気が済まないのか?
なぜあなたは一番目立たないといけないという強烈な使命感に燃えているのか?

聞く前に死んじゃいましたね。(涙
2009/12/17(木) 02:20:55 | URL | 吉田屋 #-[ 編集 ]
Re: タイトルなし
私が一番尋ねたかったことは、何故、身体に泥みたいなのを塗ってたの?
・・・というか、ライブ前に 一体 何をやってたの? ということでしょうか。
お酒&薬もキメて、相当 ハイだったのでしょうか・・・。

双極性気分障害(いわゆる躁鬱病)に悩まされ、
数々の奇行も残っているようで、お弟子さんの話によると
「最高のミュージシャンだけど、最低の人間だった」らしいです。

んー、"ほどほどのミュージシャンで、ほどほどの人間性" という
ほどほど人生よりかは、良かった・・・のでしょうかね?

明るい笑顔、素晴らしい演奏、(歌は・・・ともかくとして!)
その裏側には、壮絶な悩み、落ち込み、苦しみがあったんでしょうね。

もっともっと、彼の音を聴きたかったですよね・・・。
2009/12/20(日) 03:57:03 | URL | Miwa De Luca #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://miwadeluca.blog61.fc2.com/tb.php/76-6c1a1005
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。