かなり楽しく歌います

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日は ジャズ ミュージシャンが よくテーマとして取り上げ、
ジャズ の セッションなんかでもよく演奏される ジャズ スタンダード
"I Got Rhythm" という曲のあれこれ。

この曲は、ジョージ・ガーシュインによる作曲、アイラ・ガーシュインによる作詞で、
どうやら、もともとは別のミュージカルの為に作られたらしいのだけど、
その映画では 使われなかったようだ。←こういうことは よくあるらしい。

というわけで、まず 最初にご紹介するのは、ジョージ・ガーシュイン
ご本人による あっさりとした ピアノ演奏から どうぞー。

【George Gershwin / I Got Rhythm (1931)】




これが、ジュディ・ガーランド主演のミュージカル映画 "Girl Crazy" の中で取り上げられ、
途中 タップダンスが入ったり、とても楽しいミュージカルアレンジになり 有名になりました。

ジュディ・ガーランドとミッキー・ルーニーのコンビは、本当に 良いですね~。

【Judy Garland With Mickey Rooney From "Girl Crazy" (1943) 】




そして、その後、全編ガーシュインの曲で構成された "パリのアメリカ人" という
アカデミー賞を受賞した ミュージカル映画の中で、パリに住むアメリカ人の画家 という設定の
ジーン・ケリーが子供達と一緒に歌い、スタンダードとして 定着しました。

子供達がアメリカ人に「英語を教えてよ!」とせがみ、「一緒に アメリカの歌を歌おう!」
という、展開です。子供達もそうですが、ジーン・ケリーの笑顔が 本当に 素敵です。

【Gene Kelly From "American In Paris" (1951)】




この辺りまでは、まだまだ ジャズ という感じではありませんね。
それがいきなり、ジャズのミュージシャンが演奏すると、こんな風になるのです。

【Manhattan Jazz Quintet / I Got Rhythm】

David Matthews(P) Lew Soloff(Tp) Andy Snitzer(Ts) Charnett Moffett(B) Victor Lewis(Ds)




尊敬するオスカー・ピーターソンに捧げた、上原ひろみさんのピアノソロ。

【Hiromi Uehara / I've got Rhythm】




ちょっと、ゴリゴリのジャズで終わるのも抵抗があったので、
最後には なんとなく 落ち着く、トニー・ベネットの歌で 締めたいと思います。

【Tony Bennett & All-Star Band / I Got Rhythm(1996)】

Roy Hargrove (tp) Jimmy Heath (ts) Al Grey (tb)




こんな風に、ミュージカル→ジャズへの 移り変わりというか、
対比も 面白いんじゃないかなと思ったのと、
ジャズ だけを聴くんじゃなくて、その原曲/オリジナルを聴くのも、
大変良い勉強になるんじゃないかなと思っています。


というわけで、本日のおまけ動画。

【東京リズムボーイズデラックス / I Got Rhythm (2005)】



これは、楽しいっ!
やっぱり 音楽もダンスも 楽しまなくっちゃ。

テーマ:YouTube動画 - ジャンル:音楽
コメント
こんばんは
きのうのネコさんの記事にコメントを入れ忘れちゃったの(タメぐち)
きょうは応援のみで失礼しますね。
2009/12/23(水) 22:40:02 | URL | キッツCat #roOum4UQ[ 編集 ]
Re: こんばんは
>>キッツCat様

いつもご訪問 並びに 応援をしていただいて、
誠に ありがとうございます!

タメ口 オッケーですよ~。
どこに どんなコメントをつけていただいても、
大丈夫ですので、気にせず どんどん コメントしてくださいね。
これからも どうぞ よろしくお願いします♪
2009/12/25(金) 23:53:29 | URL | Miwa De Luca #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://miwadeluca.blog61.fc2.com/tb.php/86-4917e6e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。