かなり楽しく歌います

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第五回 大好きな ジャズ ベーシストをご紹介するでござるの巻 (ニンニン)

というわけで、お待たせしましたっ!(私が待っていただけっ!)
グルーブしまくるベーシスト、その存在だけで もう十分です、先生!
と、勝手に 慕っている Sam Jones (サム・ジョーンズ)をご紹介します。

2009/12/08(Tue) 投稿の そうだ、ライブへ行こう。でご紹介した、
Cannonball Adderley の名盤 "Something Else" に参加したベーシストで、
そのアルバムから まずは 一曲。コールポーター作曲の、"Love For Sale" をどうぞー。

【Cannonball Adderley / Love For Sale (1958)】



うっ、これでは、サム・ジョーンズの凄さが いまひとつ 伝わらないではないか・・・
アップテンポの曲なら どうだっ!

【Cannonball Adderley Quintet】



ドラムの Louis Hayes すげぇっ!
い、いやだから、今日の特集は サム・ジョーンズなんだってば・・・。

こ、これならば きっと 彼のグルーブ感が伝わるはずっ!

【Cannonball Adderley Sextet / Jive Samba(1963)】

Cannonball Adderley (as) Nat Adderley (ct) Yusef Lateef (ts, oboe, fl)
Joe Zawinul (p) Sam Jones (b) Louis Hayes (ds)



Yusef Lateef 格好良いなー。ブルルルルルルルー!ブルルー!

いやいやいや、だから サム・ジョーンズの素晴らしさを
皆さんに お伝えするための記事なんだから・・・。

きっと、キャノンボール・アダレイにこだわるからダメなんだな。
それじゃ、巨匠 オスカー・ピーターソン トリオでのライブ映像で どうだっ!

【Oscar Peterson Trio / Noreen's Nocturne(1969)】



こ、これですよっ!
これぞ 匠の技! と いいたいところですが、
微妙に満足できないような・・・

はっ!? 速すぎるのかっ!?

では、最後に これで メロディックなベースラインを
じっくりと お聴きいただきたいと思います。

【Oscar Peterson Trio / You look good to me (1969)】 ※ベースソロからです



これですよっ! これが聴きたかった!

決して派手ではないし、前に前に主張するようなベースではないけれど、
音の世界が波紋のように と広がっていくところが、大好きです。

※オスカーピーターソンは、2007年12月23日に他界されました。
 命日からは 少し 遅れましたが、謹んで ご冥福をお祈りしたいと思います。

サム・ジョーンズは、7枚のリードアルバムの他、
サイドマンとして、ご紹介した Cannonball Adderley の他にも、
Lou Donaldson、Bobby Timmons、Bill Evans、Donald Byrd、Barry Harris、
Al Cohn、Dexter Gordon、Ted Dunbar、Billy Mitchell などなど、
大変 多くのミュージシャンと共演し、アルバムを残しておられます。

その割に やはり 他のジャイアント達と比べると地味な気がしますが、
「サム・ジョーンズに任せておけば安心」みたいな存在だったのではないでしょうか。

異色なのは、ブルースシンガー John Lee Hooker の 1960年のアルバム
"That's My Story" に、ドラムの Louis Hayes と共に、参加しています。
本当に、リズム隊に徹したアルバムですが、ご興味のある方は、
YouTube 等で 探してみてください。

因みに、私は John Lee Hooker 超ラブ♪ なので、
アルバムは ほとんど 持っていたりします。

というわけで、第五回 大好きなベース(以下略)
お楽しみいただけましたでしょうか。

では、この続きは またの機会に。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://miwadeluca.blog61.fc2.com/tb.php/91-f1942e4d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。