かなり楽しく歌います

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
歌を歌っていると、英詩の朗読も 勉強のうちだと思って、
出来るだけ時間を作って、詩の鑑賞をしているんだけど、
よく考えて見れば、日本語の詩は、学校の教科書に掲載されているものくらいしか、
読んだ事がなく、その時も 学校での "勉強" としてだったので、
内容と本気で捉える(というか じっくり 鑑賞する)気なんて さらさらなくて、
「んー、どこが 良いのだろう???」「興味ねぇーよ!」という感じだったのだけど、
今思い返せば、本当に 勿体無い話で、もう少し きちんと 読んでおけばよかったなーと、
今頃になって、その機会を 逃した事を悔やんでいる。

日本の詩に 興味を持つきっかけとなったのは、
アメリカで 日本語に飢えていた頃、小説や本を読みまくったのだけど、
その時に、何かの本で 紹介されていた 山之口獏(獣編の獏が正式表記)さんの
「ねずみ」という 詩だった。

それまでの詩のイメージとしては、「ああ、○○よ。××しておくれ。」みたいな
頭の中にお花畑的なもので、社会の底辺を フラフラと漂っている
吹けば飛ぶような自分にとっては、現実離れしているよなー、と
あまり好きになれなかったのだけど、その「ねずみ」という詩は、
その情景が 物凄く ビビットに描かれていて、こんな詩もあるんだと、ショックを受けた。

というわけで、その「ねずみ」を ご紹介したいと思います。
というか、横書きで紹介するのも どうかと・・・ ずーっと、迷っていたのですが、
まぁ、こういうきっかけでもなければ きっと 紹介することもないでしょうから。
これからも 時折、ご紹介できればと 思っています。



ねずみ          山之口獏


生死の生をほっぽリ出して
ねずみが一匹浮彫みたいに
往来のまんかなにもりあがっていた
まもなくねずみはひらたくなった
いろんな
車輪が
すべって来ては
あいろんみたいにねずみをのした
ねずみはだんだんひらたくなった
ひらたくなるにしたがって
ねずみは
ねずみ一匹の
ねずみでもなければ一匹でもなくなって
その死の影すら消え果た
ある日 往来に出て見ると
ひらたい物が一枚
陽にたたかれて反っていた

テーマ:詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など - ジャンル:学問・文化・芸術
コメント

すごい・・って言う感想で良いのか解らんけど・・
すごく深い意味がありそうな、なさそうな・・
山之口獏さん、私もすごい興味が湧いた・・
2010/01/09(土) 03:16:06 | URL | cafe #halAVcVc[ 編集 ]
Re: タイトルなし
>>cafe様

いつもご訪問とコメントをありがとうございます。
私も それまでは 詩=メルヘン/ファンタジーなイメージがあったので、
こういう描写をする方(詩)に、すごいという感想を持ちました。

また 時折 山之口獏さんの詩を ご紹介したいと思っています。
2010/01/09(土) 11:14:12 | URL | Miwa De Luca #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://miwadeluca.blog61.fc2.com/tb.php/97-26fedc4f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。